25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




2017.07.31  桂木の心配 <<03:43



青龍切宗綱を実際に見たあと、美和は松田や峯崎と分かれて他の時代へと飛んだ。
もちろん、近侍である三日月や加州も一緒である。これからどこへ向かうかも、二振にはすでに分かっていた。
美和はあまり他人の本丸へは出かけず、ほとんどの審神者が美和の本丸へと尋ねてくることのほうが多い。だからなんとなく、他人の本丸へ行くことが宗近と加州にとっては新鮮だった。

他人の本丸に足を踏み入れて最初に彼らに気づいたのは、庭で稽古をしていた蜻蛉切。この本丸では古い刀でもある。
彼らの来訪に目を丸くして(特に美和を見て)、慌てて建物内に入る。

「主!客人がおいでですぞ!」

それからすぐ、緑色のジャージに身を包んだ穏やかな表情の老人が庭へと出て来た。

「あれまぁ。美和ちゃんのほうからこちらに来るなんて、本当に珍しいねぇ。しかも三日月宗近と加州も一緒とは、これはこれは・・・」
「桂木さん、お久しぶりです。急に訪ねてきてしまってすみません。」

美和が丁寧に頭を下げたため、後ろにいた加州と宗近も礼儀正しく一礼する。
「あ、いやぁ」と桂木が少しだけにっこり笑ったところで、ぴりっとした声が響き渡った。

「えぇっ!?主、お客様が来てるのかい!?お客様にジャージで応対するとか、ほんとに主の神経はどうなってるんだい!?」

ダダダダダ・・・と音が聞こえこちらに駆けてきたのは、この本丸の近侍である燭台切であった。彼がお客の正体に気づいた瞬間、少しだけ安堵したのを美和たちは見逃さなかった。
なぜならこの桂木、常にジャージを着ており、正装しなければならない場所ですらジャージで行こうとする。そんなわけで桂木は政府の人間が来ても安定のジャージ姿。燭台切はいつもそれを咎めていた。しかし今回は比較的見知った面々であり、そんな桂木の背景を知っているメンバーたちでもある。

「燭台切さん、お久しぶりです」
「あぁ〜・・・なんだ美和さんと加州君と三日月さんたちか。よかったよ。今回もまた政府の方々を、主がジャージ姿で応対しているのかと思ったから・・・。次そんなことがあったら、主を強制的に着替えさせようと思ってたからね。」
「燭台切よ。ワシも結構な歳じゃ。もうジャージが楽なのでな。そんな堅苦しい格好は・・・」
「このおじいさんの言い訳はどうでもいいでしょう?大事な話があるんだよね。今お茶とお菓子を用意するし、みんな大広間へどうぞ!」

桂木の話を若干無視しつつ、燭台切が三人を手招きする。
この本丸では近侍がしっかりしているので、たまに立場が逆転することもあった。それは珍しい話でもなく、大抵いつもこういう感じである。
苦笑を浮かべつつ、三人は燭台切についていく。その後ろを、若干寂しそうにして桂木がついていった。
大広間ではお茶とお茶菓子が用意され、甘いもの好きの三日月がそれを頬張っては幸せそうな顔をしている。

「いやぁ。やはりたまに他の本丸で食べる茶菓子は美味しいなぁ。」
「はっはっは。気に入ってもらえて何よりじゃ。美和ちゃんは他の本丸にあまり行くことがないから、二人も新鮮であろうな。」
「そっ、そんなことないよ!自分んとこの本丸で食べる茶菓子も最高だよ!」

加州が取り繕うように言った。それを聞いた桂木がさらに笑う。そして急に黙り、口を開いた。

「して・・・美和ちゃんよ。ただうちに茶菓子を食べにきたわけではあるまい?」

ジャージを着てはいるが、この桂木という男、審神者としてはかなりの実力であり、切れ者でもある。美和の来訪の理由もなんとなく予想がついてはいた。

「・・・はい。実は先ほど、実物の青龍切宗綱を見て来たんです。」
「ほぅ。あの、審神者会議の資料に載っておった、新しい刀を・・・。それで、美和ちゃんは実際にその刀を見てどう思ったのじゃ?」

美和は少しだけ目を伏せた。あの場所であの刀を見た瞬間、すぐに危険だと感じた。

「あの刀は・・・危険です。顕現してはいけない気がします。あの刀を見つめるだけで、心が恐怖に支配される気がするんです。平安時代の刀たちの大半は、青龍切についての不吉な話を知ってるって、松田さんのところの鶯丸さんが教えてくれました。」
「ふむ、なるほどな・・・。実はな、うちの本丸にいる平安生まれの刀剣たちにも青龍切のことを尋ねてみたんじゃがな、みんなその名前を聞いたとたん、口数が少なくなってだな・・・。」
「今剣君に至っては、その名前を聞いたとたん泣き出した始末でね。」

桂木の湯のみに新しく茶をつぎ足しながら、燭台切もそう言った。「だから僕も、あの刀は顕現すべきではないと思うよ」と、意思の強い黄色い瞳を三人に向けて。

「そういう点では、審神者会議で議題にすべきまでもないと思うがな。反対の本丸も多いだろうしの。まぁ、青龍切の問題を利用して審神者を集め、そこを時間遡行軍に襲わせるなどという作戦だったなら、恐ろしいことじゃがな。」
「そんなこと、できるはずがないですよ。だって会議は本部ですよ。セキュリティは万全だし、会議にはいくつもの本丸の近侍だって集まる。自殺行為ですよ。」
「ははは。老人の戯れごとじゃ。本気にするでない。」

パクッと、桂木は茶菓子の最後の一切れを口に放り込んだ。
それからはただのたわいない話をし、お互いの近況報告をし、美和たちが帰る時間となった。
帰る際、わざわざ桂木と燭台切が玄関まで見送ってくれる。

「今日は桂木さんに会えてよかったです。またうちの本丸にも遊びに来てください。」
「いやいや、今日はワシも楽しかったしの。お言葉に甘えて、近いうちにそちらの本丸にも寄らせてもらうぞ。」
「その時はジャージ以外を着てきてよね。桂木のじいさんも、もうちょっとオシャレしたらいいのに。」

ぶっきらぼうに加州が言葉を付け加えた。美和が少したしなめたが、桂木は笑った。それはこちらの加州にも言われた・・・と。それを知っているのか、燭台切も苦笑していた。
三人は一礼し、再び時間を超えて自分の本丸へと戻って行く。
彼らの姿が見えなくなってから、桂木はそばにいた燭台切に一言呟いた。

「燭台切よ。審神者会議に出ないのは、遊星とかなめちゃんであったな。文をしたためるので、早急に紙と硯を持って来てほしい」
「・・・?メールじゃダメなのかい?」
「そうだな。メールでは少し、信用ならんからの。」

そう告げる桂木に首をかしげながら、燭台切が玄関をあとにする。桂木はこの時、本当に最悪の事態を想定しているのだった。




No.127 /   審神者会議襲撃戦 / Comment*0 // PageTop▲

2016.01.11  戦う存在 <<00:11



時の政府の内の建物を奇襲した時間遡行軍は官僚などが集うエリアを無視し、審神者会議が行われている場所を目指した。
時間遡行軍にとって、審神者たちは最大の敵であり、審神者のいない時の政府など問題ではなかった。審神者がいなくなれば、歴史修正主義者たちの勝ち・・・・。勝つためには、審神者たちが邪魔なのだ。
時間遡行軍の雄たけびが雷鳴のごとく轟き、時の政府内は混乱していた。
狙いが自分たちだと分かった審神者たちは、自分たちが連れてきた刀剣男士たちに主命を与えた。

「全刀剣男士たちに告ぐ!それぞれの主を守り、時間遡行軍を殲滅せよ!」

会議に参加していた美和も、そのうちの一人だった。

「加州!宗近!敵はすぐそこまで来ています!時の政府を歴史修正主義者たちの手に渡すわけにはいきません!全力で戦いなさい!」
「おっけ!任してよ美和!」
「うむ。では戦うとするか!」

二振の刀剣男士は、刀を抜こうとする・・・が。刀が鞘から抜けなかった。
抜こうとするとガチンと音がして、彼らの前に「禁止」の文字が表示される。それは加州や宗近だけではなかった。他の刀剣男士たちも同じ状況にあい、困惑している。

「どういうこと!?刀が・・・鞘から抜けないっ!ちょっと!緊急事態なのに!」

慌てふためく加州のそばに、美和たちの本丸を担当しているこんのすけが走ってきた。

「このエリアでは、抜刀することが禁じられております!それゆえに、刀がロックされており鞘からは抜けないような仕組みがほどこされているのでございます!」
「はぁっ!?馬鹿なの!?この緊急事態に、刀が使えないって!それじゃ俺たちや美和に、死ねって言ってるようなもんじゃないの!」

つばを飛ばしながら加州がこんのすけに詰め寄った。あまりの剣幕にこんのすけは目をぎゅっと瞑り、耳をうしろに寝かせた。
いつもは優雅な振る舞いの三日月宗近も、さすがに真剣な表情をしている。

「刀が使えぬとは・・・・。我ら刀剣が刀剣を使えぬなど、滑稽なことだな。しかしこんのすけよ。この状況で時の政府は何をしておる?やつらにとって、刀剣や審神者の消失は痛かろう。」
「実は、時の政府のメインシステムに入られたようで、今システムを復旧しているところなのです!復旧にはもう少し時間がかかるようで・・・」
「言っとくけど、復旧までにここが持つと思ってんの!?敵はすぐそこまで来てんだよっ!このままじゃ美和が・・・!」

加州がちらりと美和のほうを向く。こんのすけや宗近も、彼女のほうを見た。彼女も真剣な面持ちであったが、刀剣男士たちと一匹の顔を見てから、そのままニコッと微笑んだ。

「えっと、つまりは刀が使えるようになるまで、私たち審神者が戦えばいいってことですよね?」
「は・・・・・?」
「うむ・・・・・?」

美和の言葉を合図に、他の審神者たちも自分たちが持っていた刀を静かに抜く。どうやら抜刀できないのは刀剣男士たちの刀だけで、審神者自身のもつ刀は禁止されてないようである。
美和も腰に刺していた刀を抜き、そして着物の懐から何かの紙を取り出した。

「今回は緊急事態ですし、少しずるしてしまいましょう。式神を呼びます。」

そう言った美和は、状況の読めてない加州や宗近の前で祝詞を唱える。
彼女が祝詞を唱え始めてから、美和の周りに霊力を感じた。付喪神よりももっと上の存在・・・・。その存在を呼べるだけの霊力が、彼女の中にあるのを2人は知っていた。やがて、そこに顕現されたのは二匹の狼。

「清光たちは、たぶん初めて見ると思いますが、これが私の式神です。」
「で、でも・・・いくら式神がいるとはいえ、審神者が戦うなんて・・・・!それに美和が傷つくのは嫌だ!」

あせってそう答える加州の肩に、美和はぽんっと手を置いた。

「加州、審神者は戦わない存在だと思ってるのですか?いつも刀剣男士たちに主命だけを与え、守られている存在だと?それは違います。審神者は、戦う存在なのです。みんなには言ってませんでしたが、私たちはそのために審神者会議を開き、ランク戦を行って戦うスキルを磨いてきました。今こそ、我ら審神者たちが戦う時ですっ!」

彼女の言葉の後に、「わっ!」・・・・と他の審神者たちの雄たけびが上がった。
宗近が少しだけ口の端を上げ、加州は「あーもうーっ!」と前髪をぐしゃぐしゃかきむしる。
そんな審神者だからこそ、守りたいんだけど!・・・・という言葉を、刀剣男士たちは一斉に飲み込むのだった。





戦う存在


(#審神者会議襲撃戦より)




No.69 /   審神者会議襲撃戦 / Comment*0 // PageTop▲

 Home