25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




2016.07.21  もうその言葉は聞きあきたよ。君がどういう気持ちで言ってるのか分からないけれど。 <<21:25



他の刀剣男士たちが寝静まった頃、鶴丸国永はゆっくり布団から抜け出した。目指す場所は一つだった。愛しい、彼女がいる場所・・・。夜中だというのに、審神者である彼女の部屋は、明かりが灯っていた。部屋の外から、「美和」と小さく声をかけると、美和は疑問の声を上げる。

「鶴丸・・・?こんな夜中にどうしたの?」
「入ってもいいか?」

どうぞ・・・という言葉と一緒に、障子が開かれる。
寝間着姿の彼女がそこにいた。机の上には、ノートパソコンと呼ばれるものが・・・。こんな夜中まで、彼女は仕事をしてたというのか。明日の朝も早いというのに・・・・。

「まだ仕事してたのか?」
「明日、本部のほうで審神者の会議があるからその資料作り。敵はどんどん強くなってるからね。この本丸で得たデータを、本部や他の審神者に提供して情報を共有したくって・・・」

少し疲れた顔で彼女は笑った。
鶴丸は小さく唇を噛んだあと、そっと彼女の背後にまわって、彼女の小さい体を抱きしめる。ピクンと、少女が体を反応させたあとこわばらせる。

「なぁ、主。俺がどうしてここに来たか分かるだろ?俺がこうする理由も。いつも俺をここに招き入れるくせに、どうして俺の気持ちには応えてくれないんだ?俺は美和が好きなんだ。俺を近侍にして、いつでもそばに置いてくれ。そうしたら俺が、美和の仕事を手伝うから・・・・。」

甘い吐息を含ませて、彼女の耳元でささやく鶴丸。黙ったままの少女はやがて、ゆっくり首を振ると口を開いた。

「・・・それはダメだよ、鶴丸。私はこの本丸の主で、審神者。鶴丸の気持ちは嬉しいけれど、私はあなたの気持ちには応えられない。私は人間で、あなたは刀剣。交わることは許されない。決して・・・・。」

またその言葉か・・・・と鶴丸は思った。
夜中に彼女の部屋を訪れ始めて、約2ヶ月が立った。想いを少女にぶつけても、いつもそう言って逃げられる。ダメだよと、口が言葉を紡いでいるのに、どうしていつも俺を求めるような瞳をするんだ。鶴丸には、彼女が理解できなかった。

美和、もうその言葉は聞き飽きたよ。主がどういう気持ちでそう言ってるのか、俺には分からない。それは美和の本心なのか?」

彼女は口をつぐんだ。鶴丸に抱きしめられたままの格好で、うつむいてしまう少女。鶴丸は言葉を放った。

「俺は美和が好きなんだ。審神者じゃなく、一人の女性として美和を見てる。だから・・・」

ぎゅっ・・・と、彼女を抱く腕に力を込める。
だからせめて、お前の本心を聞かせてくれよ。懇願する彼の耳に、審神者の答えが届く。それは静かな静かな夜の出来事・・・・・。



もうその言葉は聞きあきたよ。
君がどういう気持ちで言ってるのか分からないけれど。



ツイッターの創作向けお題botより。
拍手お礼だったものです。


No.92 /   鶴丸国永 / Comment*0 // PageTop▲

2016.03.07  あれを取られてます <<01:24


鶴丸国永のいる本丸に、三日月宗近と小狐丸が同時にやってきた。
レア太刀の二人なだけに、来た瞬間からたくさんの刀剣たちが二人の周りに集まった。鶴丸は、それを面白くなさそうに見ていた。三日月と小狐丸の真ん中に立つのは、この本丸の主である美和

「この本丸はにぎやかであるなぁ、美和。」
美和様、この小狐丸の毛並み、いかがとお思いでしょうか?」

(早速あの二人、美和を名前で呼んでるのかよ。)

縁側に座ってあぐらをかき、片手でほおづえをついていた鶴丸の横に燭台切光忠がやってくる。

「あの二人、すごい人気だね。さすが三条のレア太刀!」
「そうだなー。あの二振を探すのに、俺ら阿津賀志山をさんざん周回したもんなー・・・」

何気なしに答えると、しばらくしてブフッと光忠が吹き出す。少しだけ隣を見てみれば、「ごめんごめん」と言いながら笑いをこらえようとしている彼と目が合う。

「急にどうしたんだ?光忠・・・。」
「いやぁ、鶴さんにしては珍しいなと思ってね。いつも新入りが来たら、『驚きの結果を君にもたらそう!』とか言っておどかしまくるのに、さすがにあの三条組にはしないんだなぁと思ってさ。それに・・・なんだか不服そうな顔をしてるから。」

あれを取られて・・・と、美和を指さして言った。
図星なだけに、言葉を返せない。ぷいっと光忠から視線を外し、小さく呟いた。

「今日はおどかすとか、そんな気分じゃないんだよ。あれを取られてるからな・・・」
「ふーん。それで、このあと君はどうするの?」

くすくす笑いながら言った光忠に、鶴丸は言葉を返した。

「まぁー・・・・・当然仕置きが必要だろうな、美和に。」
「ああ怖いねぇ。鶴の恩返しならぬ、鶴の逆襲・・・かな?」
「誰もうまいこと言えなんて言ってないだろ!」

ぎゃいぎゃい騒ぐ鶴丸と光忠に気づいた美和が、優しい眼差しで鶴丸だけを見ていることに彼は気づかなかった。





あれを取られてます






No.73 /   鶴丸国永 / Comment*0 // PageTop▲

 Home