FC2ブログ

25=10

駄文だらけのサイト

  アトラス 短編

CATEGORY

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

スカーレットの空が言う




最近は不思議な夢を見ることが多かった。それなのに、あまり覚えていない。
ただ覚えていることとすれば、会ったこともない男女と一緒に戦っている。妙にリアルなのが少し気になっているのだ。
起きたあとは極度の疲労感が襲ってくる。その夢のせいか、最近はなんとなく寝た気がしない・・・。
今日だって、顔色が優れないという理由から、部室を追い出されてしまった。
美和、今日は帰って休みなさい」と言う友人の顔は、いつもより深刻な顔をしていた。

ぼんやりといつもの道を歩きながら、美和はスカーレットの空を見上げる。
ぽかんと浮かんだ丸い月を見て、声を漏らした。

「今日は満月かなぁ。月がまん丸・・・。」

いつもよりギラギラ輝いていて、どこか怖いくらいだ。そのまま月に見とれながら歩いていると、ドンと、誰かと肩がぶつかった。

「あっ!すっ・・・すいません!」
「おっと!ごめんっ。」

少しキーが高めの声が降ってくる。
ぶつかった相手を見れば、綺麗な顔を持つ青年。困った顔をしていた。
肌は雪のように白く、肩までかかる髪は、生まれつきなのか少しウェーブがかかっている。まるでモデルのような人。そして、夢の中の世界に住んでいそうな綺麗な人。

「君、大丈夫?なんだか少し、顔色が悪いみたいだけど。」

気付けば彼は、美和の顔を覗き込んでいた。慌てて両手を左右に振る。
「大丈夫です!」と答えると、青年は「そう?」と首をかしげた。
顔が熱い。恥ずかしさできっと、今自分の顔は真っ赤だろうと彼女は思う。
空がスカーレットをしていてよかった。きっとばれてない。

「ねぇ、ぶつかった僕も悪いけど、君もよそ見してちゃだめだよ。」
「あ、はい・・・すいませんでした。」

彼女は素直に謝る。ペコンと頭を下げると、青年が柔らかく笑った。
そのまま大きな手が伸びてきて、美和の頭をぽんぽんと撫でる。彼の手は、すごく温かかった。

「ふふ、いいよ。君、月を見てたんでしょ?君がアレに見とれる気持ち、分かるよ。今日の月は一段と綺麗だ。スカーレットの空に浮かぶ満月。僕も見とれてしまいそう・・・。」
「え・・・。」

頭を上げると、青年の瞳とぶつかった。
澄んだ彼の瞳はスカーレットに浮かぶ月よりも美しくて・・・。同時にどこか、危険な感じがして・・・。
頭の中で警告音が鳴り響く。瞳を見てはいけない。逸らさなければいけない。でも、それができなかった。

「月も綺麗だけど、君の瞳も綺麗だね。」

お互いを見つめた数秒間後、青年が言った。
スッと温かい手で頬を撫でられ、美和は少し身を硬くする。目の前で微笑んだ青年は、すぐに彼女の頬から手を離して呟いた。

「君の瞳も綺麗だけど、心もすごく澄んでいる。きっと君のペルソナは、もっともっと綺麗なんだろうね。」

青年は、愛しいものを見つめるように瞳を細めた。
そのまま美和の横を通り抜けていく。見つめているしかなかった。彼の広い背中を。
優しい声色が頭にこびりついて離れない。

ペルソナって、なに?
ペルソナ。どこかで聞いたことがある。呟いたことがある。
それはきっと、夢の中の自分が言っていた言葉。
あなたは何を知ってるの?

そう聞きたくても、喉が張り付いていて声が出せない。
遠ざかっていく背中を見ていると、彼が不意に振り返った。優しい表情を崩さないまま、遠くの青年は叫んだ。

「ねぇ、僕はイザナミっていうんだ。君とはまた、どこかで会えると思うんだ。その時はまた、スカーレットに浮かんだ月を一緒に見ようね。それじゃあ、また!」

青年は軽く片手を上げて角を曲がった。姿が消えて、ようやく呪縛から解放されたみたいな感覚に陥る。
止まっていた空気が流れ出し、美和は小さく息を吐いた。
空を見上げると、月のギラギラは先ほどよりもおさまったような感じがする。怖い・・・という感情は、いつの間にか生まれてこなかった。

「不思議な人。でも今日はなんだかゆっくり眠れそう。」

美和は月を見て微笑んだ。


スカーレットの空が言う

この空の下、また彼といつか出会えるでしょう・・・と。
それはきっと、近い未来なのかもしれない。




スポンサーサイト

カテゴリー:  アトラス 短編

阻止せよジュネスバイト学生。それは俺たちのミッション。




夜のジュネス八十稲羽店。
閉店間近ということもあって、2階の服売り場にはもうほとんど客はいなかった。
バイトで服の整理をしていた陽介は、ふと顔を上げた。そばにはマネキンのコーディネートをし終えた恋人の美和がいる。
今日はめずらしく、二人して同じ売り場のバイトだった。

「もうすぐバイトも終わるな。明日は学校も休みだし、晩飯でも食って帰ろうぜ。その・・・たまには凪と、二人っきりでラブラブしてーしよ。」

服をたたみながら陽介は美和に言った。

「ちょ、陽介ったら!でも、いいね。二人でごはん。」

顔を赤らめながら、美和は陽介のほうを向く。同時に、「あ・・・」という何かに気付く声も上げた。
不思議に思った陽介は、美和の向いてるほうに視線を向けた。そこにはいろいろな洋服を手にとり、真剣に悩む堂島遼太郎の姿があった。

「・・・堂島さんが服売り場に来るなんて、ものすごく珍しいよね。」
「だ、な・・・。子供服売り場ってことは、菜々子ちゃんへのプレゼントかな?」

二人はキョトンとしながら言葉を紡いだ。
二人の視線には気付かずに、集中して服を選んでいる堂島。しばらくそんな彼を見ていたが、陽介はとあることに気付いた。

「っていうかさ、堂島さんが選んでる服って・・・菜々子ちゃん用だよな、やっぱり。なんていうかその・・・センスがすっげービミョーな気がするんだけど、そう思うのって俺だけ?」

彼の言葉に、美和も顔をひきつらせた。
今風の赤いヒラヒラいっぱいのプリーツスカートに、リアルなライオンの顔がプリントされた長袖シャツを選んでいる堂島。しかも、ド派手なショッキングピンク。なんというミスマッチ………。
けれども堂島はその二つを組み合わせて、何度もウンウン頷いている。

「ねぇ陽介。私すっごい菜々子ちゃんがかわいそうになってきたんだけど、これはどうするべきなのかな?やっぱりここは店員として、コーディネートを手伝ったほうがいいよね?」
「奇遇だな。俺もそう思ってたとこだ。さすがにあのコーディネートはないだろ?あんな服を着せられた菜々子ちゃんのことを思うと・・・!それに、あの服を着た菜々子ちゃんを見たウチの番長も、ヒステリックを起こしかねないしな。」

陽介と美和は顔を見合わせ、力強く一度頷く。そのまま堂島がレジへと行く前に、その場を駆け出すのだった。
その後、二人のコーディネートも虚しく、堂島が嬉しそうな顔で最初にコーディネートした品々を買って行ったのはまた別の話。



カテゴリー:  アトラス 短編

まどろむキミにそそぐ



もしも最後に一緒にいたのが天田だったら……なんていうIfの話。



さわさわと風に揺られる美和さんの髪。
ついこの間まで風は冷たかったのに、今日はどこか暖かい。陽射しも柔らかくて、下手をすればこのまま眠ってしまいそう。
美和さんの穏やかな声が聞こえてきて、僕は俯き加減だった顔を上げた。

「もうすっかり春だね。」
「そう・・・ですね。この前まで、冬だと思っていたのに。」

そこでまた、柔らかい風が僕たちの間を吹き抜ける。僕はそっと、美和さんの手に、自分の手を重ねた。

「あの、美和さん。僕、こんなふうにあなたと春を迎えられて嬉しいです。初めてあなたと出会った時は、こんなふうにあなたを愛しいと思うようになるなんて、予想もしてませんでした。僕はあなたの隣に居られて、すごく幸せです。」

そう言うと、彼女はにっこり笑った。

「私も、天田君が大好きだから、とっても幸せだよ。天田君、私を好きになってくれて、ありがとう。」

美和さんは、僕の手を握った。
最初は手をつなぐことも恥ずかしかったけど、今はそんなことない。彼女の手のぬくもりが、僕を好きでいてくれることを教えてくれるから。

「なんかその言葉、お別れみたいに聞こえて嫌です・・・。」

手を握り返しながら、僕はそう呟いた。美和さんは「ごめん」と舌を出して謝る。そのまま僕に寄り添った。
しばらく沈黙の時間が流れ、美和さんがウトウトし始める。こんなに気持ちのいい日だから、仕方ないよね。

美和さん、僕が膝枕をしますよ?」

彼女は小さく微笑んだ。屋上のベンチで美和さんは横になり、僕の膝へ頭をのせる。不思議な光景だった。僕が美和さんの顔を見下ろすなんて・・・。
美和さんは横になったあと、手を伸ばして軽く僕の前髪に触れる。

「乾君、大好きだよ。」

僕はドキっとする。初めて名前で呼ばれた。恥ずかしかったけど、嬉しさのほうが勝った。

美和さん、僕もです。あの時誓ったとおり、僕はずっと美和さんのそばにいますから・・・。」

そう言うと、美和さんの瞳から涙がこぼれ落ちた。光輝いて、綺麗な涙・・・。

「私も誓う。乾君、私宇宙のどこかで静かに眠っても、心はいつも、乾君と一緒にいるからね。」

そのまま美和さんは、眠そうに目をこすった。僕は美和さんの髪をすきながら促す。

美和さん、眠いなら寝てください。皆さんが来たら、僕起こしますから。」

その言葉を合図にするように、僕の彼女は静かに目を閉じた。穏やかな表情の彼女に、僕は一つだけ、キスを贈った。




まどろむキミにそそぐ



(僕はその時、彼女が旅立ったなんて思わなかった。)



カテゴリー:  アトラス 短編

あの嘘をついたのは



真田は病室のドアを開けた。個室に差し込む陽の光は、春の色をしていた。
窓際のベッドで、少女が一人、窓の外を見ていた。そのまま真田のほうを見ると、にっこり笑った。
振り返った瞬間、黒髪がさらりと流れる。

「そろそろ来るかなと思いました。ここから外を歩く真田先輩が見えたから・・・。」

窓際に真田は立つ。確かにこの部屋の窓は、病院の大部分が見える位置だ。キラキラと笑顔を浮かべる彼女に、あの少年のことを言うのは辛かった。どうせ彼女はこの先長くはない。もし逝くのなら、悲しい思いをさせたままではいやだ。だから・・・嘘をついてほしい。
それが少年の最後の言葉。彼と寄り添っていたアイギスが聞き取った、彼の遺言。

「燕は元気ですか・・・?」
「・・・ああ、元気だ。でも、先日引っ越したよ。美和、お前にももう、会わないそうだ。この先にあるお前の死を、受け入れられないらしい。けど、お前のことは愛してる・・・。それが燕の残した言葉だ。」

嘘をついた瞬間、真田の心にずきりと痛みが走った。
真実ではないことくらい、分かっている。彼女を悲しませるくらいなら、この胸の痛みくらい、我慢する。
唇を噛み締め、顔を伏せた時、目の前の美和が笑った。「くすり」と小さな声をもらしたあと、真田の名前を呼ぶ。

「真田先輩、嘘が下手ですね・・・。」
「っ・・・!!う、嘘では・・・・・」
「無理しなくていいんですよ、先輩。私には分かるんですから。燕は・・・死んだんでしょ?どうして逝っちゃったかは分からないけど、多分あの空から落ちてきた月と関係してる。違いますか?」
美和っ・・・どうしてそれを知っている!?あの出来事はみんな忘れているはずなのに!!」

真田は焦りの声をあげる。美和は外の景色を見ながら言った。

「ペルソナ・・・ってご存知ですよね?私にはペルソナがいるんです。そしてそれは、燕や真田先輩たちにも・・・。同じにおいがするんです。」

彼女の言葉に、何も返せなかった。美和にもペルソナがいる。
もしかしたら、これだけ重い病を患っているのにここまで生きることができたのは、ペルソナのおかげなのかもしれない。

「私がここまで生きてこられたのは、ペルソナのおかげなのかもしれませんね。でももう、そろそろ限界です。燕はそれを知っていた。だからそんな嘘をつくよう、皆さんに頼んだんですね。私を悲しませないために・・・。」

嘘なんて、つかなくてもよかったのに。
私だって、すぐにあとを追うんだから。

顔を伏せて、美和は呟いた。その時の表情は、真田にも見えなかった。

***

桜が青葉に変わるころ、美和は彼の元へ逝った。あの時彼女にあってから、本当にすぐ・・・。
大学生になった真田は彼女の墓前に座り、ぼうっと考えていた。結局は、嘘なんて必要なかったな・・・と。
生きてるうちは、彼らが二人っきりの幸せな時間を持つことは少なかった。これからは、愛し合うもの同士、幸せに・・・。




あの嘘をついたのは



きっと彼なりの優しさだったのだろう。


カテゴリー:  アトラス 短編

★更新履歴★

18.08.17
刀剣乱舞 短編1つUP!(山姥切国広)
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近

お名前変換

カテゴリ

Twitter

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。