FC2ブログ

25=10

駄文だらけのサイト

スポンサーサイト

Posted by 桂樹 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聚楽第

Posted by 桂樹 on   0 


聚楽第への通路が封鎖されて1ヶ月がたっていた。
監査官として第2部隊に同行していた山姥切長義も、新しい刀として馴染み始めた頃だった。
三日月宗近は秋の日差しの中、縁側に座り茶をすする。真っ赤に色づいた庭の紅葉の葉が、音もなくハラハラと散る。
ただ、その場は静寂だった。ふと、昔聞いた百人一首の一つを思い出す。

(そういえば、あったな。紅葉の歌。確か・・・)

頭に浮かんだその歌を、小さく呟く。そうでもしてないと、あの時のことを考えてしまいそうで仕方なかった。
あのこととは、聚楽第での出来事。できれば今は、考えたくもないことであった。
しかし・・・・。

「三日月宗近。こんな所でまた茶を飲んでいるのか?今日は内番も休みか?」

声をかけたのは、聚楽第を共にした、山姥切長義であった。できれば今は、会いたくなかったのだが・・・。

「山姥切の。お主はこれから内番へ向かうのか?」
「そうだ。全く・・・。この山姥切の本歌が、どうして畑仕事なんか・・・。しかも今日は偽物君とだよ。」

不服そうに顔をしかめた長義が、小さくため息をついた。
会話は一旦そこで途切れたが、しばらく時を置いたのち、再び長義が口を開く。
彼の言葉は唐突だった。

「・・・・・三日月宗近。お前はもしかして、あの聚楽第のことを考えているのではないな?」
「・・・・。」

宗近は何も言葉が返せなかった。知らぬふりをして茶を飲んでみたものの、長義は宗近が聚楽第のことを考えていたのだと分かり、先ほどとは違うため息をついた。呆れたため息だった。

「三日月宗近。いいか、あれは違う次元の世界の話だ。あそこは歴史改変されてしまった、こことは違う平行世界の話だ。あの世界の本丸は、確かにこの本丸とそっくりだった。敵も、あの時と同じ第2部隊の刀剣男士だった。だた、それだけの話だ。この世界とは違う世界の話。一体今更何を考える必要があるんだ?」

長義は持っていたスコップを地面に刺した。スコっという、土とスコップが擦れた音がする。
長い時間をかけて、宗近はただ一言、「そうだな・・・」とだけ言った。
彼の言葉を聞いた長義は、どこかまだ不満そうであったが、そのままスコップを地面から抜いて立ち去った。
宗近はただ、静かに茶を飲みながら彼の後ろ姿を見送る。再び静寂が訪れた。

「今更何を考える必要がある?・・・か。」

宗近は持っていた湯飲みに視線を落とした。自分の顔が茶に映る。
あの聚楽第は、確かにこの本丸と同じだった。同じ土地。同じ本丸。同じ仲間。そしてきっと・・・同じ審神者。
あの世界では審神者に出会わなかった。長義はあの時、この世界の審神者は死んだと言った。それはおそらく違うと、宗近は今でもそう思っている。
聚楽第で敵として現れた三日月宗近を切った時に、それがはっきり分かった。
あそこの世界の審神者は、あの三日月宗近が隠してしまったのだ。それはあれが、自分の主である審神者を好いていたから。
そして自分も・・・・。

「もし、あの世界がこの世界の鏡のようなものなら、俺ももしかしたら美和を・・・」

あの時、聚楽第で死んでいった三日月宗近の顔を思い浮かべて、宗近はゾワっと寒気がした。
あってはならないことだ。審神者を隠すなど・・・。しかしもし、この世界が聚楽第のようになってしまったら、俺は自分の衝動を抑えられるのだろうか・・・。
不安な気持ちに押しつぶされそうになりながら、宗近は縁側から立ち上がった。
その場を後にする彼を、たまたまそこに戻ってきた長義は目撃する。そのまま瞳を少し細くしながら呟いた。

「・・・聚楽第でアレを斬った時に、アレの霊気に当てられてなければいいんだがな・・・・・。」

長義は三日月宗近自身が、この本丸の三日月宗近のまま過ごせるよう、願うばかりだった。



スポンサーサイト

かざぐるま

Posted by 桂樹 on   0 



とある本丸で、若い審神者が病気で亡くなった。
審神者は残された刀剣男士たちが、次の審神者が決まるまで今の姿が保てるようにと、庭の大木に己の力を残していた。
刀剣男士たちは、その力を少しずつ使いながら姿を保つ。
審神者がいなくなったこの本丸は、喪に入った。皆、ふとした瞬間審神者を思い出し、涙を浮かべたり、鼻をすすったり。
新しい審神者なんていらない・・・とさえ思っていた。
そんな日が1ヶ月ほど続いた頃・・・。
突然三日月宗近を筆頭とする三条派の者たちが、小さな赤子を連れて帰って来た。
赤子はどこか懐かしい匂いがした。ついこの間まで、ここにいたような人物と雰囲気がそっくりで、その人物の名前を口にしてしまいそうになる。

「この子は一体どうしたんだ?」

長曽祢虎鉄が三日月宗近に尋ねると、彼はにっこり笑って答えた。

「我らの新しい主よ」

宗近の言葉に、他の三条の面々も頷いた。
小さな赤子はケタケタと笑いながら、長曽祢に向かって手を伸ばしていた。まるで、再会を喜んでいるように・・・。
その日から、小さな赤子は前の主を失ったこの本丸を引き継ぐことになった。

赤子は刀剣男士たちに愛された。
あまり泣くこともなく、人見知りすることもなく、みんなに懐いた。特に、近侍である三日月にはひときわよく懐いた。前の主とどこか似ている・・・と、みんなそう思っていたが、口には出さなかった。
寒かった冬が過ぎ、春が来て、初夏の頃を迎えた。
宗近は赤子を抱きながら、加州が持って来たかざぐるまに息を吹きかけ回す。大きなかざぐるまが回るたび、赤子は喜んで声を上げた。そして三日月は小さく歌ってやる。

「・・・なぁ、美和よ。俺を愛してくれたこと、覚えてはおらんだろうなぁ。しかしだ。お前はまた、こうして再び生まれてきてくれた。美和が俺に会いたい一心で、再び生まれ変わってくれたと、そう思ってもよいか?」

優しく話しかけると、赤子は声を出さず、ただにこっと笑った。その表情が前の審神者そのもので、宗近はキュッと胸が苦しくなる。
ただただ前の審神者に会いたい一心で、宗近は彼女の魂を探した。再び人間に生まれ変わってくることを信じて。探して探して、やっと彼女の魂を見つけた。

「俺はずっとずっと美和そばにいてやろう。今度はこの手を離さんぞ。だから早く、大きくなっておくれ。」

いつの間にか眠ってしまった赤子を抱いたままゆっくり揺らし、宗近はまた小さく歌いだす。
緩やかな風に吹かれ、かざぐるまが回り始める。宗近と赤子の関係も、ゆっくりと回り始めていた。


渡せない役目

Posted by 桂樹 on   0 


最近新しい刀剣男士がやってきた。にっかり青江と同じ刀派で、三日月宗近と同じ天下五剣のうちの一人。
その刀は数珠丸恒次という名前の刀だった。
三日月と肩を並べるほどのレア度ではあるが、資材も依頼札もさほど消費せず鍛刀できたのは、審神者・美和の霊力が高かったせいなのかもしれない。
見た目も美しい刀なのだが、天下五剣の中で最も美しいと言われた三日月宗近よりは劣るかもしれない・・・。そんなことを小狐丸が口にしているのを宗近は聞いたことがあった。確かに美しさには自信がある。優雅な舞も踊れるし、この本丸の中では一番強いとも思っている。そういうふうに努力したからなのだ。美和の心を掴むために・・・。だから内心、数珠丸が来た時は少しだけ動揺した。この新しいレア太刀に、美和の心がうつってしまうのではないかと・・・・。

「三日月殿。今日は非番ですか?」

宗近が縁側に座って空を眺めながら茶を飲んでいると、廊下の向こう側から長身の男が歩いてくる。
数珠丸だった。長い髪を引きずりながら静かに歩く彼は、少しだけ微笑んでいた。

「そうだな。今日は内番もなければ、遠征も出陣もない。美和が本部に行っている間はやることもないのでな、少しばかり茶を飲もうかと思ってだな・・・」
「三日月殿は、美和殿の近侍でしたね。そういえば、美和殿が私を鍛刀した時の近侍もあなただった。」

宗近の隣に座った数珠丸は、少しだけ意味ありげな言葉を紡ぐ。

「この本丸の近侍は、前からずっと俺なのだ。元は初期刀の山姥切国広だったんだがな、いつのまにか国広のレベルを俺が追い越してしまってな。」
「そうなんですか。そういえば三日月殿はこの本丸の中で、一番レベルが高いのでしたね。私も早く、あなたと同じくらい強くなってみせます。天下五剣の呼び名にかけて・・・」

彼のゆっくりとした口調の中に、何か強い意志を感じる宗近。数珠丸の胸の内はよく分からないのだが、宗近には一つだけ理解したことがある。

「俺と同じくらい強くなっても、美和がそなたを近侍に選ぶかは分からんぞ。」

ずずっ・・・と茶をすする音が響く。しばらく言葉は返ってこなかった。
美和が数珠丸に心うつりするのでは?・・・と動揺したことはあるものの、その可能性が低いことを宗近は知っている。
他の刀剣男士たちに極秘で、美和と宗近は契りを結んでいるのだ。美しい刀に宿った付喪神の妻は、美しく気高き人間の娘。決して裏切ることもなく、最期の時まで宗近に寄り添うと誓った美和

「・・・三日月殿、私があなたと同じくらい強くなったなら、勝負していただけませんか?美和殿の近侍をかけて。」
「別にそれはかまわんさ。それにしても数珠丸恒次。お主は仏教の刀剣であろう?そんなふうに欲望のまま生きても許されるのか?」
「欲望などと・・・。私はただ、仏教の刀として、よりお側で美和殿をお守りしたいだけです。」

それだけ言うと数珠丸は立ち上がり、元来た方へと戻って行く。それを見送りながら、宗近は飲んでいた茶を一気に飲み干す。

「・・・ゆるりと茶を飲んでいる場合でもないか。」

小さく呟き、彼もまた立ち上がった。数珠丸とは反対方向へと歩き出す。腰にさしている三日月宗近本体に手をかけながら、彼は鍛錬場へと入っていく。美和の近侍という立場を守るために、さらに努力を重ねることを胸に誓うのだった。






渡せない役目





三日月宗近の料理

Posted by 桂樹 on   0 


「主、今日も夕食に顔を出さなかったね。」
「どうしても今日中に完成させて提出しないといけない資料があるんだって。」
「でも、何か食べないと倒れるんじゃ・・・」

燭台切光忠と歌仙兼定の言葉を、三日月宗近はぼんやりと聞いていた。二人は食事の片付けをしながら主のことを心配する言葉ばかりを紡いでいた。

「三日月殿、そろそろ我ら三条派の風呂の時間ですぞ。」

同じ三条派の小狐丸に突然言葉をかけられ、宗近は「あ、あぁ・・・」と素っ気ない返事をしてしまった。風呂の準備をしながら宗近は思う。確かに、主はここのところいつも忙しそうにしており、あまり食事をとっている姿を見た事がない・・・と。
風呂へ行くには主の部屋の前を通る。少し様子を見てみてもいいだろう。そう考えてみたものの、実際主の部屋の前に来ると、そこへ入って行くのも気が引けた。
『仕事中につき、入室禁止!』と障子には貼られ、入って行けるような雰囲気ではなかった。

「主さまも忙しそうで・・・。主さまのお姿を見れないのは、とても寂しいことでございます。」

小声で話す小狐丸とともに主の部屋を通過し、風呂へと向かった。ゆっくり湯につかりながらも、考えることは主のことぼかりだった。まるで、自分がへし切り長谷部にでもなってしまったようだ。
風呂から上がり、宗近はそのまま床へ入った。ぽかぽかと体が暖かいうちに布団へ入ってしまったほうが、ゆっくり眠れることを知っているからだ。他の刀剣男士たちからは、「じーさんはいつも早寝早起きだな」なんていつもからかわれる。しかし、今日は違った。夕飯を食べなかった主のことが気がかりで仕方ない。そのうちに夜もふけ、本丸の中は静かになった。
電気は消され、月の光だけが本丸の中を照らす。時計は夜中の1時をさしていた。
隣で眠る石切丸が小さく寝言で祝詞を唱え、岩融がガーガーといびきをかいている。宗近はすっ・・・と起き上がり、布団から抜け出した。
目指すは本丸の台所。少し残っている冷ご飯を温め直し、冷蔵庫から卵を取り出す。だしと混ぜ、フライパンで器用にくるくると卵を巻いた。温め直したご飯をにぎり、二つのおにぎりを作る。あたたかいお茶を入れ、それをお盆に乗せてよく知る場所へと向かった。
主の部屋。真夜中だというのに、電気がついていた。主はまだ起きているらしい・・・。相変わらず、障子には「仕事中につき、入室禁止』の張り紙。

「主、入るぞ。」

相手の返事も待たず、宗近は部屋へと入って行った。机の前に座ってパソコンとにらめっこしていたこの本丸の主である少女が、驚いた表情で宗近を見ていた。

「宗近・・・。急にどうしたの?」

にっこりと微笑むが、その表情は疲れきっている様子。

「主、少しは休んだほうがよいと思うが・・・。そなたの好きな握り飯と、だし巻き卵を作ってきたぞ。今日の夕餉も食べずに仕事ばかりしおって・・・」

審神者の目の前に、宗近が作ったおにぎりとだし巻き卵が乗ったお盆が置かれる。

「これ・・・宗近が作ってくれたの!?あ、ありがとう!そういえば、晩ご飯食べるの忘れてた・・・」

少しはにかんだ少女が、ゆっくりとおにぎりを口に運ぶ。少しだけかじり、もぐもぐと口を動かしたあとふわりと笑った。

「おいしい!やっぱり宗近の作るおにぎりは絶品だね!」

彼女の言葉に、宗近が嬉しそうな表情を見せる。時折こうして、忙しそうにしている主に夜食を作って持って行くのが宗近の役目だった。きっと他の刀剣男士たちは知らないだろう。実は宗近が料理上手なことを・・・。

「こんなに美味しい料理が作れるなら、光忠や歌仙と一緒に料理当番すればいいのに・・・」
「俺が料理の腕を磨いてるのはそなたに食べさせるためであって、他の刀剣たちに食べさせるためではないぞ、美和。」

今まで少女のことを『主』と呼んでいた宗近が、急に彼女の下の名前を呼んだ。美和と呼ばれた少女も困惑することなく、いつものことのようにとらえる。
美和はせっせとおにぎりやだし巻き卵を口に運んでいく。美味しそうに食べている美和を見つめる宗近の目は、優しいまなざしをしていた。

美和。食べてばかりでなく、茶も飲まねば。」
「だって、宗近のおにぎりと卵焼き、美味しいんだもん!」

美和は全部食べ終わったあと、お茶を一気飲みし、ぷはーっと息をついた。手を合わせて丁寧に「ごちそうさま」と言ったあと、あぐらをかいている宗近の膝の上に座った。

「これはこれは・・・。どこぞの大きい猫が甘えてきおった。」
「だって・・・疲れたんだもん。これくらい許してよ。」
「誰も許さぬとは言っておらぬ。むしろ・・・これくらいで許されると思ったのか?美和。」

宗近は膝の上に座っていた美和を畳へ押し倒し、両手首を押さえ込む。怪しい表情を浮かべて上から美和を見下ろすと、彼女はその先に待つ結末を想像して、顔を赤らめた。

「宗近、仕事、まだ終わってないんだけど・・・」
「知らぬな。誘ってきたのはそなたではないか。仕事ばかりで俺に寂しい思いをさせた分、どうなるかは分かっておるな?それにそなたのことだ。急ぎの仕事は、もう全部終わってるのだろう?」

美和の性格を見抜いているような宗近の発言に、彼女は押し黙った。確かに、急ぎの仕事は終わっている。まだ終わってない仕事は、明日にでもまわして大丈夫なものばかり。

「まだ終わってないって言ったら?」
「知らぬ。俺には何も聞こえぬな。」

宗近はそれだけ言うと美和の唇を奪う。甘く、激しく。これまでの分の寂しさを埋めるように。
そうして二人は深い夜へと溺れていく。美和の飲み残したお茶が、小さく湯気を立ててゆらめいていた。





三日月宗近の料理



寒い夜の過ごし方

Posted by 桂樹 on   0 



「・・・この状況は、一体何が起こったのでしょう?」

寒い夜のことであった。今からまさに深い眠りへと落ちようとしている美和の意識を、現実へと引き上げた人物がいた。青色の狩衣に、三日月のうちのけが入った瞳の男。その男は美和の布団にもぐりこんでくるやいなや、彼女をぎゅっと抱きしめる。布団を持ち上げられ一瞬冷めた体は、彼の体温のおかげで再びぬくもり始めた。
彼女の小さな呟きにも答えない彼に、少しむっとする美和。おかげで眠り損ねたのだ。顔を上げ、キッと相手をにらんでやると、男はゆったりと優しいまなざしをしていた。

「で、この状況は一体どういうことなのですか?三日月宗近。」

そう問えば、彼は少しだけさらに目を細めた。沈黙を以ってこの状況をはぐらかそうとしているように見える。彼女はさらに彼を問い詰めようとしたが、それは宗近の言葉に静止された。

「あまりにも寒い夜なのでな、暖を取りに来たのだ。この寒さは、じじいの体にはこたえるのでな。」
「それだったら、小狐丸の布団か石切丸の布団にもぐりこめばいいでしょう。」
「なぜ男が男の布団なんかにもぐりこまねばならんのだ?むさくるしいものよ。」
「じゃあ居間のこたつにもぐりこめばいい。」
「以前俺がそれをやって、風邪をひくからやめろと怒ったかわいい主は、どこのどなたさんだ?」
「・・・・・・・。」

ああ言えば、こう言う。そういう男なのだ、三日月宗近とは。言葉や理屈でかなわないのは、相手が神様であり、自分よりも長く生きてることも関係しているのだろう。言葉を返せなくなった美和を見て、宗近は勝利したごほうびのようにさらにぎゅっと彼女を強く抱きしめた。
「あぁ、やはり美和は暖かい」と、のんきに言うものだから、美和はため息をついてそのまま自分の身を宗近にゆだねる。なによりも、美和自身も宗近の熱で体が温まってしまい、眠くなってきてしまったのだ。意識が遠のく寸前、宗近が何か言ったような気がするが、彼女はそのまま気にも留めず眠りへといざなわれる。
何も言わず、規則正しい寝息を立て始めた美和に、宗近は小さく尋ねた。

「・・・ふむ。寝てしまったか?さきほどの俺の言葉は、美和に届いたとは思えんな。こうも男の腕の中で無防備に寝顔をさらすとは・・・。俺じゃなかったら、襲われてしまっていたぞ、美和。まぁ、俺も夜這いに来た・・・とは口が裂けても言えんけどな。しかしこうも夜這いする相手があっさり寝てしまっては、その気も失せた。仕方ない、俺も寝るとするか。」

宗近はチュッと彼女のおでこに唇を落とす。

美和、俺以外をこの布団の中へ誘い込むでないぞ?ここは俺の居場所ぞ。」

それだけ言うと、宗近の意識も甘く暖かな場所へと沈んでいく。再び目を開けるときにはもう、白く美しい朝が来ているだろうと思いながら・・・・。




寒い夜の過ごし方






このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。