25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




2016.06.07  過去は振り返らない。 <<00:12


新緑の季節。日差しはもうすでに、夏の日差しをしていた。強い光が照りつける中、粟田口の長兄・一期一振は縁側に座り、ぼんやりと庭を眺めていた。内番の休憩中、短刀たちはゆっくり過ごすのではなく鬼ごっこをしている。キャーキャーと声が上がるそばでは、新撰組の刀たちが洗濯物を取り込んでいた。

「一期。休憩中ですか?」

不意に頭上から柔らかな声が降ってくる。少し顔をあげれば、この本丸の審神者・美和がそばに立っていた。
彼女は目の前に広がる青空を見て、小さくため息まじりに言う。

「まだ新緑の季節になったばかりというのに、こうも暑いとこれからの夏が心配になりますね。」
「ははは。そうですな。今日は暑いのでこまめに休憩を・・・という長谷部殿のお考えのもと、こうして休憩をとっておりますが、我が弟たちは疲れ知らずで・・・」

はしゃぐ短刀たちに目を向けると、美和もそちらを見てにっこり笑った。
その眼差しがまるであの人のようで、一期は喉まで出かけた言葉を必死に飲み込む。
言ってしまいそうだった。「秀吉様」と。彼女は眼差しは、いつでも秀吉の眼差しに似ていた。怒った時も、優しく笑う時も。それは彼女が、豊臣の血を引く人間だからなのかもしれない。
直系ではないが、彼女は正真正銘、豊臣の血を引く人間。戦国から今の世に至るまでずっと、途切れることのない豊臣の血。おそらくそのことは、彼女自身知らないのだろう。
だが、豊臣の刀だった者たちは、そのことを知っている。感じるのだ。秀吉の血を。だからここには、一番最初に豊臣の刀ばかりが集まった。一期一振、鯰尾、骨喰、三日月・・・。

「ねえ一期。いい考えがあります。今度、この本丸の庭ですいか割りいたしましょう?短刀たちは喜ぶと思うんです。」
「そうして結局割れなくて、私の刀を使って切り分けるおつもりでしょう?」

にっこりそう言葉を返すと、彼女は「どうして分かったの?」と狼狽した。
だってそれは、あなたのご先祖様が同じようなことをしたから・・・という言葉を、一期はごくりと飲み込んだ。
彼女は秀吉ではない。一人の審神者として、この時代で采配をふるっている。
たとえ彼女が秀吉と同じ眼差しをしていても、彼はもう、この世にはいないのだ。全ては過去。一期は人間として、今を生きている。

「・・・美和殿。」
「一期、どうしたんですか?突然そのような神妙な顔をして・・・」

美和が一期の顔を覗き込む。彼は太ももの上でグッと拳を握り、美和に向かって言った。

「私はもう、過去は振り返らない。あなたは私のただ一人の主・・・。守ってみせます。どんな時も。」

困惑する美和と、決意を固めた一期の間を新緑の風が通り抜けていく。鯰尾は言った。「過去は振り返らない」・・・と。ならば自分も・・・。



No.86 /   一期一振 / Comment*0 // PageTop▲

2015.10.17  王子かもしれない <<01:46



最近、刀剣男士たちの間で噂になっていることがある。
それは、一期一振が王子ではないのか?・・・ということだった。
燭台切光忠は言う。

「あの外見で、いつも崩さない笑顔。彼はどう見たって、女の子たちが騒ぐ王子様・・・でしょ?」
「そういえば、この前鶴丸が万屋から変な衣装を借りてきてさー・・・。なんでも、いち兄に着せたいんだってよ。」

彼と話していた薬研が、光忠にそう言った。
どんな衣装なのかと問えば、白っぽい軍服だと薬研は答える。
それじゃあ今の一期の衣装が、白くなっただけじゃないか・・・と光忠は苦笑した。

「・・・と、思うだろ?けど、違うんだよ燭台切の旦那!今から鶴丸に見せてもらいに行くといいよ!」

そんなこんなで、光忠は薬研と一緒に鶴丸国永のところへ行く事になった。
本丸の一室で、鶴丸は何かのお面を作っていた。どうやら、暇ではあるらしい。
薬研が例の衣装を見せてもらえないか頼むと、鶴丸は押し入れからそれを引っぱり出した。

「これこれ!一期一振にぴったりだと思うんだよなぁ・・・。」
「うわっ。何これすごい!よくこんなの見つけてきたね、鶴丸君。」
「まぁーな。常に驚きを求める俺の驚きセンサーが、万屋で働いたわけよ!」
「で、それをどうやっていち兄に着せるつもりなんだよ。いち兄、絶対着ないと俺っちは思う。」

二人の目の前であぐらをかく薬研が、確信を持った感じで言う。
その言葉に、二人とも「うーん・・・」と頭を悩ませる。
その時だった。ちょうど一期一振が鶴丸たちの部屋を訪れたのは・・・。

「鶴丸殿、少しよろしいですか?実は今度の遠征のことなんですが・・・って、薬研に光忠殿。こんなところで3人で何をしておいでで・・・」
「「「チャーーーーーンス!!」」」

3人同時に叫んだ時、一期の運命は決まった。
スパーンと障子が閉められ、一期は薬研と光忠によって、羽交い締めにされる。

「こ、これはどういう・・・・!?鶴丸殿!見てないで助けてください!」
「すまないな、一期。それはできない相談だ・・・」

にやりと笑った鶴丸を見て、真っ青な顔をする一期一振。
そのあと本丸に、彼の悲鳴に近い絶叫が響き渡った。



「・・・やっぱり、王子かもしれない。」

むすっとする彼の目の前で、鶴丸と薬研、光忠は小さく言葉を紡いだ。
そこには王子様スタイルの一期がいた。
今は怒った顔つきだが、これで笑顔を浮かべれば、さわやかな王子様の出来上がりだ。

「何も無理矢理着替えさせなくても、事情を話してくれれば快く引き受けたものを・・・」
「すまないすまない。薬研のやつが、お前のことだから絶対断るだろうって言っててさ。」
「まさかいち兄が快く引き受けるだなんて、思ってもなかったからよ・・・」

苦笑する二人に、プイッとそっぽを向いてしまう一期。
しかし何かを思いついたような顔をし、少しだけ笑った。
その笑顔が、いつもより怖く感じる。

「そうだ。いい機会ですしこの格好で少し、美和殿をエスコートして参ります。」
「な、何を言い出すんだい?」

光忠が焦った声を上げる。さらりとその言葉を、一期はかわした。

「王子かもしれないんでしょう?」

ぞくりとするほどの笑顔。一期のこの態度を見て、鶴丸が一つ確信した。

「もしかして一期、最初からそれが目的で・・・」
「何の事でございましょうな。では鶴丸殿、この衣装、しばらく貸していただく。」

そのまま一期は、鶴丸たちの部屋を出て行った。
部屋の外から他の刀剣たちの驚きの声が上がったと思うと、今度はこの本丸の審神者・美和の悲鳴が上がる。
3人はあわてて部屋の外を出て様子を伺うと、美和は一期によってお姫様抱っこされていた。

「いいいい一期!これは一体、どういうことでしょうか!?」
「他の刀剣男子たちが、私は王子かもしれないと言うもので、せっかくならばと王子様になりきってみたのです。今から美和殿はしばらく、私の姫君になっていただきたい。」
「そ、それは遠慮させていただきたく・・・」
「残念ながら、美和殿に決定権はありませんよ。さあ、私の姫君。二人で少し散歩に出かけましょうか。」

美和の言葉をも無視して、彼女をお姫様抱っこしたまま歩みを進める一期一振。
あの服は、一期に勇気をも持たせてしまうのか・・・と鶴丸は思ったし、普段弟の面倒見ばかりでストレスがたまっているんだろうなと、薬研は思った。
このあと美和は、一期にいいようにされたとかそうでないとか・・・。




王子かもしれない




ツイッターの創作bot様のお題です。



No.36 /   一期一振 / Comment*0 // PageTop▲

2015.10.16  付喪神は人を愛す <<13:02



刀剣男士としてこの世に顕現され、人の体を得た私。
長い間、私はこの刀剣の中で宿り、生きていた。
戦国時代に、何人もの武将の声を聞き、時代を見て、そして私自身もその戦いで焼かれた。
もう、戦うことはないと思っていた私の前に、力を持った娘が現れた。
顕現された私に、彼女はにっこりと微笑む。
その微笑みが、どの時代の女性よりもかわいくて、私の心臓はどくどくと跳ね上がる。
生身の体というものは、とても不思議なものだった。
その日から私は、彼女を見るたびに、不思議な感情で支配される。

私だけを見ていて。
私だけにふれてほしい。
私だけのものにしたい・・・・。

許されない、その感情。
あぁ、私はこの一期一振という刀に宿った付喪神でもある。
神と人とが交わることは、決して許されるべきではないこと。
それなのに・・・・。

美奈殿、あなたをお慕い申し上げています。」

彼女は綺麗に笑った。可憐な唇で、「ありがとう」と言った。
私はその先に進みたい。
人間たちが愛し合うように、私もあなたと愛し合いたい。

美奈殿の、そのお体に触れてみたいのです。」

神と人が交わる。
その代償がどんなものか、私にはまだ分からない。
それでもあなたに触れてみたいと思うのは、私が人の体を得た時から決まっていたことなのかもしれない。
この身が消えようとも、私自身が神でなくなり、この世からなくなってしまおうとも、
私はあなたに、私自身の証を刻みたいのです。

あなたが私を請う仕草。あなたが私と交わる瞬間。
私の中に、その出来事を刻みましょう。
いつか私が、神でなくなるその日まで・・・・。




付喪神は人を愛す






No.11 /   一期一振 / Comment*0 // PageTop▲

 Home