25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




2015.10.16  付喪神は人を愛す <<13:02



刀剣男士としてこの世に顕現され、人の体を得た私。
長い間、私はこの刀剣の中で宿り、生きていた。
戦国時代に、何人もの武将の声を聞き、時代を見て、そして私自身もその戦いで焼かれた。
もう、戦うことはないと思っていた私の前に、力を持った娘が現れた。
顕現された私に、彼女はにっこりと微笑む。
その微笑みが、どの時代の女性よりもかわいくて、私の心臓はどくどくと跳ね上がる。
生身の体というものは、とても不思議なものだった。
その日から私は、彼女を見るたびに、不思議な感情で支配される。

私だけを見ていて。
私だけにふれてほしい。
私だけのものにしたい・・・・。

許されない、その感情。
あぁ、私はこの一期一振という刀に宿った付喪神でもある。
神と人とが交わることは、決して許されるべきではないこと。
それなのに・・・・。

美奈殿、あなたをお慕い申し上げています。」

彼女は綺麗に笑った。可憐な唇で、「ありがとう」と言った。
私はその先に進みたい。
人間たちが愛し合うように、私もあなたと愛し合いたい。

美奈殿の、そのお体に触れてみたいのです。」

神と人が交わる。
その代償がどんなものか、私にはまだ分からない。
それでもあなたに触れてみたいと思うのは、私が人の体を得た時から決まっていたことなのかもしれない。
この身が消えようとも、私自身が神でなくなり、この世からなくなってしまおうとも、
私はあなたに、私自身の証を刻みたいのです。

あなたが私を請う仕草。あなたが私と交わる瞬間。
私の中に、その出来事を刻みましょう。
いつか私が、神でなくなるその日まで・・・・。




付喪神は人を愛す




スポンサーサイト


No.11 /   一期一振 / Comment*0 // PageTop▲

← 月の夜の、酒を呷ることいとをかし / Home / 審神者が風邪をひいた日 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home