Welcome to my blog

25=10

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある夏の日のできごと

暑い夏の日だった。にっかり青江は人間の気配を感じて本丸の玄関口へと向かった。
ガラッと玄関を開けると、そこには着物を着た髪の長い女が一人・・・。最初は、主かと思った。けれどもそんなはずはない。
主は先ほど、自分の部屋に近侍である石切丸を呼んで談笑していたのだから・・・。

「この本丸に何か用かい?かわいいお嬢さん。」

柱に背中をあずけて腕を組み、できるだけ柔らかい声をかけた。相手は無言だった。
少しうつむき加減な顔は、血色がなく青白い。彼女がゆっくりと、この本丸へ一歩を踏み出す。
青江の切れ長の目が、少し細まった。

「あー・・・お嬢さん。それ以上はダメだよ。」

それでも歩みは止まらなかった。一歩一歩、着実にこの本丸へ近づいてくる。
言葉をかけても止まらない女に、困った表情をする青江。

「あーあ。たまーにいるんだよねぇ。この本丸に張ってある結界をなんなく通って、ここに来ちゃう人間が。
・・・・いや。もう人間じゃないね。人間だったものが・・・。でも、やめといたほうがいいよ。
それ以上こっちに来ると、この本丸で一番こわーーーーいお兄さんがやってくるからね。」

そうのんきに言った瞬間、廊下のほうからドンドンドンと、重そうな足音が聞こえてくる。
ほら来た・・・と、青江は天を仰ぐ。ガラッと玄関が開かれ、優しそうな顔をした石切丸が出て来た。
「お客さんかい?」と言う彼に、青江は「困ったお客さんでね・・・」と苦笑した。
ゆっくり玄関口に近づいてくる女を見て、石切丸も目を細める。表情は笑っているような感じだったが、目は笑っていなかった。

「へえ・・・・。君、迷ったんじゃないんだね。目的は・・・やはり主の霊力か。
今ならまだ、引き返せるよ。そっちの道を行けば川を渡れる。でも・・・違うのか。仕方ない。」

石切丸は自分の刀を抜いた。その瞬間、女が凄い形相で石切丸へと突進してくる。
彼は平然な顔をして女を斬った。そのまま女は、すぅ・・・っと消えて行った。

「青江、最近こういうのが多いね。
何もしない魑魅魍魎たちは好きにさせてるけど、彼女の霊力を狙ってくる輩はやはり心配だな。
夜なんかに来られたら、彼女を守れるかどうか・・・」
「いっそそれなら、夜も一緒に過ごしたらどうだい?」

青江としては冗談のつもりだった。
しかし石切丸はというと、「ふむ・・・」とだけ言い、そのまま踵を返して廊下をドンドンと歩いて行く。
大きい背中を見送りながら、青江は小さく呟いた。

「ごめん、主。石切丸に余計なことを言ったかもしれないねぇ・・・」

その日の夜、三条派の部屋に石切丸は帰ってこなかったとか・・・。



(拍手お礼)
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。