25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2017.08.14  #54 <<03:03





ルルーシュを助けるため、ロロは止まったエスカレーターを駆け降りていく。
誰もいないフロアにロロの靴音だけが響いている・・・はずが、靴音はもう一つ。最初、人の姿が見えた時はルルーシュだと思った。でもどこか違った。よく目を凝らしてから、ロロは息を飲んだ。

「ロロ!!」

あり得ない。彼女がこんなところにいるはずがない。必死に否定したが、これは現実。ロロは細い声で彼女の名を呼んだ。

「シャーリー・・・さん?」

彼女の握った銃が視界に入る。白い手に不似合いなそれ。その銃を、どうするつもりだろう?そんな疑問が浮かんだ。

「ねえ、ロロ。答えて。あなたはルルーシュが好き?」

突然目の前にいた彼女が尋ねてくる。
ロロは無意識にポケットの上から携帯のストラップを握った。そんなの聞かなくったって、あなたは知っているでしょう?
ロロはシャーリーを見つめたまま、答える。

「はい、好きですよ。だって彼は僕にとって大事な兄さんですから。」

たとえそれがブリタニアから与えられた偽りの関係でも・・・。その部分は飲み込んだ。ロロの答えを聞き、シャーリーがふわりと笑う。銃の引き金部分にかけられていた指が離れた。シャーリーはすぐに真剣な表情になる。

「よかった。ねえロロ!私も仲間に入れて!私、ルルを助けたいの!」

シャーリーの声が響き渡る。ルルーシュと同じ、アメジストの眼差しが彼女へと注がれる。確かに学園の中に味方ができれば心強い。しかもシャーリーは同じ生徒会。仲間にすればルルーシュに何かあった時、うまく誤魔化してくれるかもしれない。でも・・・彼女を信じていいんだろうか?
ロロの気持ちはグラグラ動いていた。そんなロロを見ながら、シャーリーは微笑みながら言葉を続ける。

「私、ルルが一人で戦ってるって分かった。お願いロロ。私、ルルに幸せを取り戻してあげたい。もちろん、ナナちゃんだって・・・」

シャーリーがそう言った瞬間、ロロの中で変えることのできない答えが出た。

(やっぱりあなたも、その名前を口にするんですね!)

ロロはギアスを発動させた。彼以外の時間が止まる。人なんて、簡単に殺せる。昔からロロはそのことを知っていた。動きを止めたシャーリーから銃を奪い、なんの躊躇いもなく引き金をひく。
パン!という乾いた音と、彼女から離れるロロの靴音が響く。シャーリーが倒れたのは、ロロがその場から去ったあとだった。

「ジェレミアは味方になった。今アイツに敵を排除させている。ああ、アイツは仲間だから戦うな。」

走りながらルルーシュは携帯の相手に向かって指示を出す。
息を切らせながら屋上へ向かう途中、人が倒れているのが視界に入った。いつもなら気にしないのだが、今回ばかりは違った。ルルーシュは吸い寄せられるように倒れている人に近づいた。
長い髪がうち広げられ、地面に赤い池ができている。鉄の匂いがルルーシュの鼻を刺激する。倒れた人物を見て、彼は目を大きく開いた。

「どう・・・して、シャーリーが・・・?」

ふらつく足をしっかり地面につけて歩み寄る。震える声で名前を呼べば、シャーリーはうっすらと目を開いた。弱々しい呼吸と言葉が吐き出される。「最後にルルに会えた」と、彼女は笑った。ルルーシュはすぐに医者を呼ぼうとしたが、シャーリーの手がそれを拒んだ。

「ルル、私ね、記憶が戻ったの。最初はみんなが嘘ついてるようで怖かった。記憶のない友達、先生・・・。私は一人孤独で・・・。でもルルは、ずっと一人で戦ってきたんだね。私はそんなこと知らずに、平和に過ごしてきた。ルルが、忘れさせてくれたんだよね。私が傷つかないようにって・・・。」

シャーリーの瞳が和らぐ。傷口から真新しい血が吹き出てきた。
深紅・・・。不謹慎にも、ルルーシュは彼女の血が、とても綺麗だと思った。シャーリーはルルーシュへと笑ってみせる。

「ねぇルル。私ルルが好きになれてよかった。最後にルルと恋人同士になれて、凄く嬉しかったよ。ルルとデートしたり、生徒会で過ごしたり・・・。私は十分幸せ。だからルル、私はもう、ルルが恋人じゃなくていい・・・。」
「え・・・?」

ルルーシュが小さく声を上げる。シャーリーはクスッと笑って言葉を続けた。

「知らないとでも思ったの?ルルの本当に好きな人。私じゃなくて、リリィクロスロード、でしょ?ルルを見てたら分かるの。彼女と話す時、ルルの表情が優しくなる。ルルが自然と目で追ってるのは、いつもリリィ。」
「・・・シャーリー。」
「彼女が学園に来てから、勝てないってすぐ分かった。リリィへのルルの想いは本物。まるでルルが、リリィを昔から好きだったみたいな気がしたから。でもルル、私生まれ変わってもまた、ルルを好きになっていいよね?」

シャーリーの瞳がだんだん細くなる。ルルーシュだけを見つめて、赤い唇を懸命に動かす彼女。ルルーシュは叫んだ。「死ぬな!」と。
ギアスは王の願いを叶えようと、しきりにシャーリーに働きかける。だがその力は、一度きりの力。
すでにルルーシュによってかけられたギアスが、死ぬなという命令を無効化する。涙を流すルルーシュを見ながら、シャーリーは遠くなる意識の中で必死に言葉をつむいだ。

「ルル、何度生まれ変わっても、私はルルを・・・好きに・・・なる。」

シャーリーの手が、深紅の絨毯へ落ちた。
静かな時が流れ、そのあとすぐ、ルルーシュの咆哮がフロアに響く。ギアスはまた、彼の大切な人を奪ったのだった・・・。


* * *


シャーリーが息を引き取る頃、外にいたリリィは必死に駅ビルの中へと入ろうとしていた。バンシーがビルの中に入っていったからだ。

「私を行かせてスザクっ!」
「ダメだよリリィ!これはもしかしたらテロかもしれないんだっ!皇女の君を、行かせるわけにはいかないっ!」

スザクがリリィを抱き締める。彼女はスザクの胸に顔を埋めて叫ぶ。「バンシーがあの子を連れていく!」と。その時二人の横を、一人の少年が通りすぎた。

「ライっ!」
「僕が行く。僕なら問題ないだろ?忌まわしい力も持っているしね・・・。」

自嘲ぎみに彼が笑う。
スザクは彼の名前を叫んだが、長身の姿はすぐに白い煙の中へと消えていった。スザクの胸に顔を埋める彼女を抱き締めたまま、彼はインカムで連絡をとる。救急車を一台用意して欲しい・・・と。何かあった時のためだった。何もないほうがいいと強く願いながら、スザクは長身の少年の背中だけを見ていた。

ライが足を踏み入れた駅ビルはとても静かだった。けたたましいパトカーの音でさえ、ここでは小さく聞こえる。
護身用の銃を取り出した彼は、注意しながら上へと進む。先程このビルの中で、ギアスの反応があった。ライは別のギアスとの共鳴を感じたのだ。もちろんその中に、ロロのギアスもあって・・・。
ライが上へ進むと、一つのフロアで人の気配がした。すぐにエスカレーターを駆け上がったが、人の姿はない。
構えた銃を下ろし、ライは呼吸を整える。ぐるりと辺りを見回した時、ライの時間は止まった。いや、空気さえも止まったのだ。ライの視線の先に、あり得ない光景がある。

血まみれのシャーリー。

その顔は、不思議なくらい穏やかだった。
8年前の戦火をくぐってきた彼は、一瞬にして理解する。シャーリーがもう、手遅れなことに・・・。
唇を噛み締めたライは、銃をしまってシャーリーを抱きかかえる。まだ生暖かい。生きてるみたいなのに・・・。歩くたびに、彼女から血がしたたる。地面にできた赤いシミは、足跡のよう。
シャーリーを抱えたライは、駅ビルを出てリリィとスザクの元へ向かった。彼らの元へ着いた時、ライは静かに二人に告げた。

「バンシーが迎えにきたのは、シャーリーだったよ・・・。」

ライとシャーリーの姿を見た時、リリィはどさりと崩れ落ち、スザクは呆然とたたずむ。やがてリリィが、大きな声で泣き出すのだった。



そして君のいのちは 自分の境界を知りながら 君の中で
あるいは地に沈む石となり また昇り行く星となる。
(リルケ)



スポンサーサイト


No.129 /   IC / Comment*0 // PageTop▲

← #55 / Home / #53 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。