FC2ブログ

25=10

駄文だらけのサイト

スポンサーサイト

Posted by 桂樹 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂樹

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

俺たちの望む未来は?

Posted by 桂樹 on   0 


本丸の近くでへし切長谷部と宗三左文字が、何者かに襲われたのが1週間前。
幸いにも、二人とも無傷ですんだのだが、敵はついにこの本丸を突き止めたというのだろうか?
そんな不安が、この刀剣男士たちの間で広がっていた。
一番怖いのは、自分たちが折れることではない。
主である審神者を失うことだ・・・。

この件に関して主である美奈から、もう少し詳しく調査をすることを伝えられた。
そんな悠長なこと言ってられないと、薬研や光忠は抗議したが相手の正体も知らずに動くのは、得策ではない・・・
彼女はそう言った。

この本丸に長くいる鶴丸国永、小狐丸、石切丸、三日月宗近の三条勢や、初期刀である加州清光までが美奈に賛成したため、本丸はこのままとなった。

* * *

鶴丸たち第一部隊が調査に乗り出して1ヶ月。
ある夜、本丸にいる刀剣男士たち全員が、大広間に集められた。
美奈抜きで。それはつまり、第一部隊の面々が皆に号令をかけたのだった。

「よし、集まったな。今回集まってもらったのは他でもない。
この前、長谷部や宗三が襲われた件について・・・だ。」

鶴丸の冷たい声が大広間に響く。
みんなその場に座したまま、つばを飲み込んだ。

「俺たちがここに集められたということは、第一部隊は何かを掴んだ・・・ということか?」

薬研の声が上がり、視線が第一部隊の面々・・・
鶴丸・石切丸・小狐丸・宗近・清光・一期一振に集まった。

「まぁ、簡単に言えばそういうことだな。
もったいぶっても仕方ないし、話すとしようか。
先に言っておくとこれはその、なんていうか・・・驚きの結果ってやつさ。」

「私たちはまず、この本丸自体を調べたんだ。
本丸の近くで二人が教われたということはつまり、この本丸の中に内通者がいるのではないか・・・と疑ってね。
ここの場所のことは、敵が単独で掴むには難しいからね。
あまり仲間を疑いたくはなかったんだが・・・・一つ、分かったことがあった。」

口を開いた石切丸は、急に鋭く目を細めた。
携えていた大太刀をぐっと握り、低い声でつぶやく。

「内通者が、いたんだよ。それも、この本丸に結構な数の内通者が・・・。」

ざわっ・・・・と、刀剣たちの間に動揺が広まった。
しばらく石切丸は静かに目を閉じていたが、意を決したように鞘から大太刀を抜いた。
それを合図に一期が悲しそうに目を伏せ、宗近が鋭い視線をある一人に向けた。
そのまま彼が言い放つ。

「小狐よ、いつまで芝居を続けるつもりだ?」

ぴくっ・・・と小狐丸が反応する。

「嘘だろ?小狐丸・・・お前が薬研たちを?」

兼定が声を荒げた。
フッ・・・と不敵な笑みを浮かべる小狐丸。
それを見て、鶴丸が苦しそうに言葉を紡ぐ。

「小狐丸だけじゃないさ。まず、本丸近くの奇襲自体が芝居だったんだ。
なぁ、そうだろ?長谷部、宗三・・・・!」

鶴丸の声が飛んだと同時に、長谷部と宗三も不敵な笑みを浮かべた。

「バレてしまいましたか・・・。それは残念ですね。」

「お前たちがそこまで頭の回転が早いとは、思ってもいなかった。」

二人は立ち上がり、小狐丸のそばに立つ。
他の刀剣たちは、三人から離れた。口々に驚きの声を上げている。
「でも・・・」と、静かに小狐丸が言う。

「私に同調したのは、この二人だけではないですよね?」

「なんだと!?」

岩融が小狐丸を睨みつける。彼の周りから、ちらほら離れて行く刀剣たちがいた。
今剣、山姥切国広、堀川国広、大和守安定・・・そして、薬研藤四郎。
彼らはみんな、敵方の歴史修正者たちについていた。
敵方に寝返ることを、刀剣たちの間では『闇落ち』と呼んでいる。

「こんなにまで、闇落ちした刀剣がいたとはな・・・。驚きだぜ!」

静かに、鶴丸は言った。

「今剣・・・まさかお前が・・・」

「堀川・・・!なんでだよっ!?」

「安定、あんたも向こう側についていただなんてね・・・。」

「国広兄弟よ。なぜ闇落ちなんか!」

「薬研・・・私はお前を信じていたかったよ・・・」

「俺はもう少し、お前と兄弟でいたかったな、小狐丸。」

親しかったものたちが、”なぜ?”を問う。
闇落ちした刀剣男子たちにも、各々の理由があった。

「僕は義経公の守り刀。だから・・・義経公を救いたいんです。歴史を変えてでも・・・」

「だって兼さん・・・・僕はやっぱり・・・前の主を救いたい!」

「ごめんね、加州。僕も今剣や堀川と同じだよ。沖田君に・・・会いたい。沖田君を救いたいんだ!」

「国広を殺せば、山姥切の写しである俺は生まれない。
写しとして生きていく苦しみが・・・なくなるんだ。
正当派のあんたには分からないだろうがな、兄弟。」

「・・・原因はあんただよ、一期。
藤四郎唯一の太刀だからって、いつも兄貴面しやがって。
そんなお前が気に入らないんだよ!俺はあんたを・・・殺す。」

「私も魔王を・・・織田信長を、この手で殺したい。
ただ、それだけのことです。自分の刀に殺されるなんて、笑えませんか?」

「私は歴史には興味なんてありませんよ。
ただ・・・ぬし様を独り占めしたいだけ。
私だけのぬし様にしたいだけです。
歴史が変わろうが変わらないだろうが、私には関係ない。」

「俺も同意見だ。主を守り抜くのが俺の使命。
ならば俺は主をお前たちから奪い、俺の目の届くところに置いておきたい。
俺だけの主にしたいだけだ。」

義経を
土方を
沖田を

救いたい。

国広を
一期を
信長を

殺したい。

美奈

独り占めしたい。

それぞれの思惑が重なったとき、闇落ちした刀剣たちは刀を抜いた。

「まさかここが戦場になるなんてね。でもみんな、気をつけてよね。
主だけは絶対に、傷つけないでくれよ?
主を傷つける刀剣なんて、かっこ悪いだけだからねっ!」

光忠が刀を抜いたのを合図に、残った刀剣たちもそれぞれの刀を抜いていく。
最後までしぶっていた一期一振が、悲しそうな顔をして刀を抜いた時、鶴丸が叫ぶ。

「さあ・・・大舞台の始まりだ!」




俺たちの望む未来は?



おまけ↓

* * *

「はいはい!みんな!そこまでっ!」

今にも刀剣男士たちがぶつかりかけようとしたその時だった。
可憐な声が上がり、一人の女性が真ん中に立つ。この本丸の主であり、審神者の美奈
彼女の登場で、刀剣たち全員に動揺が走る。みんな、美奈が大好きだった。
だからすぐ、持っていた刀をおろし、鞘におさめる。
間違っても大好きな美奈を、切らないように・・・・。

美奈、これはその・・・・!」

鶴丸が口ごもった時、美奈はこの場に不釣り合いな笑い声をあげた。

「あはは!ごめんね、みんな。実はこれ、お芝居なの。私と、この闇落ちメンバーで考えた。
お芝居っていうより・・・想定、かな?」

彼女の言葉に、闇落ちメンバー以外は目が点になる。
美奈の後ろで、小狐丸がぽりぽりと頬をかき、堀川と今剣の二人が笑った。
長谷部はコホンと咳払いをする。

「想定・・・とは、どういうことであるか?美奈殿・・・」

宗近が苦笑しながら彼女に問うと、美奈は目を細めて説明し始めた。

「これだけ刀剣が集まれば、今回みたいに、もしかしたら闇落ちしてしまう刀剣たちがいるんじゃないかと思ってね。
その時刀剣たちは自分の意志で、かつて仲間であった刀剣と戦えるかな・・・と思って。
でも・・みんな、大丈夫みたいね。
苦しみながらも、あなたたちはかつての仲間たちと戦おうとした。
それはあなたたちが、正しい歴史を守ろうとしたということ。
誇りに思っていいことよ。そして・・・ごめんなさい。こんな試すようなマネをして・・・・。
大丈夫。今回闇落ち役をしてくれた刀剣たちは、みんなあなたたちと同じで、歴史を変えちゃいけないと思ってるから・・・。」

ぺこりと美奈がみんなに頭を下げる。
全てを知った刀剣たちの顔に、安堵が広がった。
わっ・・・と、闇落ち役を買って出た刀剣たちの元に、他の刀剣たちが集まる。

「歴史を変えちゃいけないこと、ちゃんと主から学びました。義経公も、きっと望んでないことです。」

「いくら辛くても、歴史は変えちゃいけないんだよね?兼さん。」

「加州、言ったでしょ?沖田君の運命は変えさせないって。だから、安心していいよ。」

「国広が死んでしまっては、他の国広作の刀剣たちまで死んでしまうことになるからな。本意じゃない。」

「魔王といえど、それなりに私を大事にしてくれましたから。」

「いち兄、さっき言ったのは・・・その・・・全部嘘だ。
俺っち、あんたを兄貴だと思ってるし、頼ってる。ひどいこと言って、ごめん。」

「ぬし様を独り占めするのはよさそうですが、闇落ちなどすれば、ぬし様を悲しませてしまいますからね。」

「歴史を変えてしまうのは、主命に反している。よって俺は、闇落ちなどせん!」

わーわーと騒ぐ刀剣たちを見て、美奈はにっこりと笑った。
そう。誰にも闇落ちなどして欲しくない。そして、誰にも折れて欲しくない。
元は刀といえで、彼らは自分にとって、かけがえのない存在なのだから。

美奈、今回は芝居だったわけだが、もしこの中で本当に闇落ちした刀剣がいたとしたら、その時はどうする・・・・?」

騒ぐ彼らを見ながら、美奈のそばにいた鶴丸が静かに尋ねる。
彼女は真剣な眼差しをして、彼のほうを見て言った。

「その時は全力で潰させてもらいます。歴史を改変するなど、もってのほかです。私は審神者。
歴史を守る者でもあるのですよ。」

彼女の言葉に、鶴丸はニヤっと笑うのだった。


*長々と読んでくださり、ありがとうございました!
 おまけが長過ぎ!(笑)
スポンサーサイト
桂樹

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。