25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




2015.10.16  俺たちの望む未来は? <<13:37



本丸の近くでへし切長谷部と宗三左文字が、何者かに襲われたのが1週間前。
幸いにも、二人とも無傷ですんだのだが、敵はついにこの本丸を突き止めたというのだろうか?
そんな不安が、この刀剣男士たちの間で広がっていた。
一番怖いのは、自分たちが折れることではない。
主である審神者を失うことだ・・・。

この件に関して主である美奈から、もう少し詳しく調査をすることを伝えられた。
そんな悠長なこと言ってられないと、薬研や光忠は抗議したが相手の正体も知らずに動くのは、得策ではない・・・
彼女はそう言った。

この本丸に長くいる鶴丸国永、小狐丸、石切丸、三日月宗近の三条勢や、初期刀である加州清光までが美奈に賛成したため、本丸はこのままとなった。

* * *

鶴丸たち第一部隊が調査に乗り出して1ヶ月。
ある夜、本丸にいる刀剣男士たち全員が、大広間に集められた。
美奈抜きで。それはつまり、第一部隊の面々が皆に号令をかけたのだった。

「よし、集まったな。今回集まってもらったのは他でもない。
この前、長谷部や宗三が襲われた件について・・・だ。」

鶴丸の冷たい声が大広間に響く。
みんなその場に座したまま、つばを飲み込んだ。

「俺たちがここに集められたということは、第一部隊は何かを掴んだ・・・ということか?」

薬研の声が上がり、視線が第一部隊の面々・・・
鶴丸・石切丸・小狐丸・宗近・清光・一期一振に集まった。

「まぁ、簡単に言えばそういうことだな。
もったいぶっても仕方ないし、話すとしようか。
先に言っておくとこれはその、なんていうか・・・驚きの結果ってやつさ。」

「私たちはまず、この本丸自体を調べたんだ。
本丸の近くで二人が教われたということはつまり、この本丸の中に内通者がいるのではないか・・・と疑ってね。
ここの場所のことは、敵が単独で掴むには難しいからね。
あまり仲間を疑いたくはなかったんだが・・・・一つ、分かったことがあった。」

口を開いた石切丸は、急に鋭く目を細めた。
携えていた大太刀をぐっと握り、低い声でつぶやく。

「内通者が、いたんだよ。それも、この本丸に結構な数の内通者が・・・。」

ざわっ・・・・と、刀剣たちの間に動揺が広まった。
しばらく石切丸は静かに目を閉じていたが、意を決したように鞘から大太刀を抜いた。
それを合図に一期が悲しそうに目を伏せ、宗近が鋭い視線をある一人に向けた。
そのまま彼が言い放つ。

「小狐よ、いつまで芝居を続けるつもりだ?」

ぴくっ・・・と小狐丸が反応する。

「嘘だろ?小狐丸・・・お前が薬研たちを?」

兼定が声を荒げた。
フッ・・・と不敵な笑みを浮かべる小狐丸。
それを見て、鶴丸が苦しそうに言葉を紡ぐ。

「小狐丸だけじゃないさ。まず、本丸近くの奇襲自体が芝居だったんだ。
なぁ、そうだろ?長谷部、宗三・・・・!」

鶴丸の声が飛んだと同時に、長谷部と宗三も不敵な笑みを浮かべた。

「バレてしまいましたか・・・。それは残念ですね。」

「お前たちがそこまで頭の回転が早いとは、思ってもいなかった。」

二人は立ち上がり、小狐丸のそばに立つ。
他の刀剣たちは、三人から離れた。口々に驚きの声を上げている。
「でも・・・」と、静かに小狐丸が言う。

「私に同調したのは、この二人だけではないですよね?」

「なんだと!?」

岩融が小狐丸を睨みつける。彼の周りから、ちらほら離れて行く刀剣たちがいた。
今剣、山姥切国広、堀川国広、大和守安定・・・そして、薬研藤四郎。
彼らはみんな、敵方の歴史修正者たちについていた。
敵方に寝返ることを、刀剣たちの間では『闇落ち』と呼んでいる。

「こんなにまで、闇落ちした刀剣がいたとはな・・・。驚きだぜ!」

静かに、鶴丸は言った。

「今剣・・・まさかお前が・・・」

「堀川・・・!なんでだよっ!?」

「安定、あんたも向こう側についていただなんてね・・・。」

「国広兄弟よ。なぜ闇落ちなんか!」

「薬研・・・私はお前を信じていたかったよ・・・」

「俺はもう少し、お前と兄弟でいたかったな、小狐丸。」

親しかったものたちが、”なぜ?”を問う。
闇落ちした刀剣男子たちにも、各々の理由があった。

「僕は義経公の守り刀。だから・・・義経公を救いたいんです。歴史を変えてでも・・・」

「だって兼さん・・・・僕はやっぱり・・・前の主を救いたい!」

「ごめんね、加州。僕も今剣や堀川と同じだよ。沖田君に・・・会いたい。沖田君を救いたいんだ!」

「国広を殺せば、山姥切の写しである俺は生まれない。
写しとして生きていく苦しみが・・・なくなるんだ。
正当派のあんたには分からないだろうがな、兄弟。」

「・・・原因はあんただよ、一期。
藤四郎唯一の太刀だからって、いつも兄貴面しやがって。
そんなお前が気に入らないんだよ!俺はあんたを・・・殺す。」

「私も魔王を・・・織田信長を、この手で殺したい。
ただ、それだけのことです。自分の刀に殺されるなんて、笑えませんか?」

「私は歴史には興味なんてありませんよ。
ただ・・・ぬし様を独り占めしたいだけ。
私だけのぬし様にしたいだけです。
歴史が変わろうが変わらないだろうが、私には関係ない。」

「俺も同意見だ。主を守り抜くのが俺の使命。
ならば俺は主をお前たちから奪い、俺の目の届くところに置いておきたい。
俺だけの主にしたいだけだ。」

義経を
土方を
沖田を

救いたい。

国広を
一期を
信長を

殺したい。

美奈

独り占めしたい。

それぞれの思惑が重なったとき、闇落ちした刀剣たちは刀を抜いた。

「まさかここが戦場になるなんてね。でもみんな、気をつけてよね。
主だけは絶対に、傷つけないでくれよ?
主を傷つける刀剣なんて、かっこ悪いだけだからねっ!」

光忠が刀を抜いたのを合図に、残った刀剣たちもそれぞれの刀を抜いていく。
最後までしぶっていた一期一振が、悲しそうな顔をして刀を抜いた時、鶴丸が叫ぶ。

「さあ・・・大舞台の始まりだ!」




俺たちの望む未来は?





←and more
No.13 /   刀剣乱舞 その他 / Comment*0 // PageTop▲

← IC設定 / Home / 月の夜の、酒を呷ることいとをかし →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home