FC2ブログ

25=10

駄文だらけのサイト

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

阻止せよジュネスバイト学生。それは俺たちのミッション。




夜のジュネス八十稲羽店。
閉店間近ということもあって、2階の服売り場にはもうほとんど客はいなかった。
バイトで服の整理をしていた陽介は、ふと顔を上げた。そばにはマネキンのコーディネートをし終えた恋人の美和がいる。
今日はめずらしく、二人して同じ売り場のバイトだった。

「もうすぐバイトも終わるな。明日は学校も休みだし、晩飯でも食って帰ろうぜ。その・・・たまには凪と、二人っきりでラブラブしてーしよ。」

服をたたみながら陽介は美和に言った。

「ちょ、陽介ったら!でも、いいね。二人でごはん。」

顔を赤らめながら、美和は陽介のほうを向く。同時に、「あ・・・」という何かに気付く声も上げた。
不思議に思った陽介は、美和の向いてるほうに視線を向けた。そこにはいろいろな洋服を手にとり、真剣に悩む堂島遼太郎の姿があった。

「・・・堂島さんが服売り場に来るなんて、ものすごく珍しいよね。」
「だ、な・・・。子供服売り場ってことは、菜々子ちゃんへのプレゼントかな?」

二人はキョトンとしながら言葉を紡いだ。
二人の視線には気付かずに、集中して服を選んでいる堂島。しばらくそんな彼を見ていたが、陽介はとあることに気付いた。

「っていうかさ、堂島さんが選んでる服って・・・菜々子ちゃん用だよな、やっぱり。なんていうかその・・・センスがすっげービミョーな気がするんだけど、そう思うのって俺だけ?」

彼の言葉に、美和も顔をひきつらせた。
今風の赤いヒラヒラいっぱいのプリーツスカートに、リアルなライオンの顔がプリントされた長袖シャツを選んでいる堂島。しかも、ド派手なショッキングピンク。なんというミスマッチ………。
けれども堂島はその二つを組み合わせて、何度もウンウン頷いている。

「ねぇ陽介。私すっごい菜々子ちゃんがかわいそうになってきたんだけど、これはどうするべきなのかな?やっぱりここは店員として、コーディネートを手伝ったほうがいいよね?」
「奇遇だな。俺もそう思ってたとこだ。さすがにあのコーディネートはないだろ?あんな服を着せられた菜々子ちゃんのことを思うと・・・!それに、あの服を着た菜々子ちゃんを見たウチの番長も、ヒステリックを起こしかねないしな。」

陽介と美和は顔を見合わせ、力強く一度頷く。そのまま堂島がレジへと行く前に、その場を駆け出すのだった。
その後、二人のコーディネートも虚しく、堂島が嬉しそうな顔で最初にコーディネートした品々を買って行ったのはまた別の話。



スポンサーサイト

カテゴリー:  アトラス 短編

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

★更新履歴★

18.08.17
刀剣乱舞 短編1つUP!(山姥切国広)
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近

お名前変換

カテゴリ

Twitter

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。