FC2ブログ

審神者への忠義



新しい刀が来た・・・と本丸で大騒ぎになった。
その刀は粟田口の一派で、鍛刀によって生まれた際には一期一振が静かに興奮していた・・・という話を、同じ堀川派の堀川国広から聞いた。
その時俺は遠征に出ていたから、その刀とはまだ会っていないけど・・・。
しかしこの本丸の初期刀ならば、一度会わなければならないだろう。
初期刀として、その刀が本当に美和に忠義を尽くせるのか、確かめなければならないと思っているからだ。
いつもそうしてきた。そのせいで、何と無くこの本丸では俺がそういう役目をする刀なのだとみんなが思っている。
もしかしたら、敵方が送り込んで来た刺客・・・。そんな考えでさえ、頭の片隅には存在するのだ。

部屋に入ると、あらかじめ呼び出しておいた白山吉光がきちんと座していた。
傍らには、白い狐がちょこんと座っている。鳴狐のお供に似ていたが、こちらの狐は寡黙であった。
白山の前に座ると、彼が静かに頭を下げる。サイドの長い髪がスルリと流れた。

「この本丸の初期刀、山姥切国広・・・だな。この本丸での活躍ぶり、政府の方で噂は聞いている。」
「何を噂されているのやら・・・」

白山は頭を上げ、涼しい顔をして続けた。

「まぁ、色々と。あの長義の査定に受かった・・・とか。今回、政府から様々な本丸へ顕現する許しをもらい、こうしてこの本丸にも顕現した次第だ。俺が権限できたということは、ここの審神者は相当な力を持っているようだ。」
「まあ、そうだな。実際、この本丸には早くから天下五剣の刀が早い段階で来ている。」

俺たち刀剣男士の本体はもともと政府へと保管されている。その本体を審神者の力でコピーとして作り出し、魂を励起させる。結局のところ、その刀が作り出せるかどうかは、審神者の力と運次第なのだ。

美和様・・・だったか?実力を見るのが楽しみだ。」

アイスブルーの瞳が、少しだけ細められた。人として顕現した彼が、どことなくまだ人でなく冷たい無機物のような感じがして、俺は少しだけ危機感を覚えた。まだ人の形になれてないせいなのかもしれないが・・・と心の底で自分に言い聞かせる。

「ああ。美和は確かに霊力が高く、優秀な審神者だ。お前ががっかりすることもないだろう。そんな美和に、お前は忠義を尽くす覚悟があるのか?」
「・・・この本丸に顕現されたのなら、主に忠義を尽くすのが当然だろう?精一杯、主に尽くし自分の力を振るう覚悟はある。刀剣男士として。それで折れるのなら、俺の本望だ。」

そう語る、彼の瞳を知っていた。この本丸に来たばっかりの俺と同じ瞳だ。主のために戦い折れるのも、刀としての本望だ。
そう思っていた昔の自分と、今の白山が重なる。

「・・・違うぞ白山。刀剣男士なら、主のために戦い、そして生きて戻ってくる。それが美和への忠義だ。」

俺の言葉に、目の前の白山は少し困惑していた。揺るぎなかったアイスブルーの瞳が、少しゆらゆらと動いている。
来たばっかりの彼にはきっとまだ分からない、美和への忠義。いずれ分かることだろう・・・俺はそう思った。




スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません