FC2ブログ

SMカンチガイ



ある日私は、検事局の一室で彼女たちの会話を聞いてしまった。
彼女たちとは私の妹弟子・冥と、私の婚約者・美和のこと。検事である二人は、一つの事件がきっかけになって知り合い、いつの間にか友好を深めていた。

「・・・うーん、そうなんだけど、やっぱりMだと思う。」

部屋に入るなり聞こえてきた怪しい会話に、私は持っていたコーヒーカップを落としそうになった。

美和が・・・M。
私は夜の彼女の姿を想像して、それは妥当かもしれないと思った。

「そうかしら?私にはどうみたってSに見えるわ。」

そう答えた冥の発言で、眉間のシワが深くなる。

美和が・・・S!?
いや、ありえないことではないかもしれない。
彼女は時々、積極的になって、激しいくらいまでに私を攻め立てるときがある。それはもう、私の体力が続かないくらいに。冥の言う通り美和は、本当はSなのか・・・?
私が考え込んでいると、二人の会話は私の話になる。

「もちろん怜侍はLよね。」
「当たり前だよ冥ちゃん。」

・・・・・えっ、えるっ!?
私がL・・・だと?ム、ムゥ・・・。
LとはSMと違うのか?もしかしてSとMが半分ずつなことをLと表現するのだろうか?それならば私は否定する!私は常に、美和を前にするとSだ!

「冥、それは違うな。」
「あら怜侍。あなたLじゃないの?なら、決め直すしかないんじゃないかしら?婚約パーティーの衣装。」

・・・ム?今、何だと?

「あ、れ?怜侍はいつも、服のサイズはLじゃなかったっけ?私のカンチガイ?」

美和の困った顔を見て、私は固まってしまった。SとMって・・・服のサイズのことだったのかっ!?

「い、いや・・・。Lでよかったな。気にしないでくれ・・・。」

内心焦りながらコーヒーカップに口をつけ、席につく。二人は不思議そうな顔をしていたが、冥が何かに気づいたように笑い、嫌味をたくさん込めた口調で言った。

「・・・あぁ、分かったわ。そうよね、怜侍は狩魔の教えを受けた人間。好きな子を前にしたら、必然的にSになるわよねぇ。」
「・・・っ!?」

顔を真っ赤にする私を見て、冥が勝ち誇ったように笑う。その横で婚約者の君は、「えっ?えっ?」とワケが分かってなさそうな顔をしている。
冥の笑い声を聞きながら、勘違いを起こしてしまった自分に恥じる私であった・・・。



スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません