25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




2015.10.17  王子かもしれない <<01:46



最近、刀剣男士たちの間で噂になっていることがある。
それは、一期一振が王子ではないのか?・・・ということだった。
燭台切光忠は言う。

「あの外見で、いつも崩さない笑顔。彼はどう見たって、女の子たちが騒ぐ王子様・・・でしょ?」
「そういえば、この前鶴丸が万屋から変な衣装を借りてきてさー・・・。なんでも、いち兄に着せたいんだってよ。」

彼と話していた薬研が、光忠にそう言った。
どんな衣装なのかと問えば、白っぽい軍服だと薬研は答える。
それじゃあ今の一期の衣装が、白くなっただけじゃないか・・・と光忠は苦笑した。

「・・・と、思うだろ?けど、違うんだよ燭台切の旦那!今から鶴丸に見せてもらいに行くといいよ!」

そんなこんなで、光忠は薬研と一緒に鶴丸国永のところへ行く事になった。
本丸の一室で、鶴丸は何かのお面を作っていた。どうやら、暇ではあるらしい。
薬研が例の衣装を見せてもらえないか頼むと、鶴丸は押し入れからそれを引っぱり出した。

「これこれ!一期一振にぴったりだと思うんだよなぁ・・・。」
「うわっ。何これすごい!よくこんなの見つけてきたね、鶴丸君。」
「まぁーな。常に驚きを求める俺の驚きセンサーが、万屋で働いたわけよ!」
「で、それをどうやっていち兄に着せるつもりなんだよ。いち兄、絶対着ないと俺っちは思う。」

二人の目の前であぐらをかく薬研が、確信を持った感じで言う。
その言葉に、二人とも「うーん・・・」と頭を悩ませる。
その時だった。ちょうど一期一振が鶴丸たちの部屋を訪れたのは・・・。

「鶴丸殿、少しよろしいですか?実は今度の遠征のことなんですが・・・って、薬研に光忠殿。こんなところで3人で何をしておいでで・・・」
「「「チャーーーーーンス!!」」」

3人同時に叫んだ時、一期の運命は決まった。
スパーンと障子が閉められ、一期は薬研と光忠によって、羽交い締めにされる。

「こ、これはどういう・・・・!?鶴丸殿!見てないで助けてください!」
「すまないな、一期。それはできない相談だ・・・」

にやりと笑った鶴丸を見て、真っ青な顔をする一期一振。
そのあと本丸に、彼の悲鳴に近い絶叫が響き渡った。



「・・・やっぱり、王子かもしれない。」

むすっとする彼の目の前で、鶴丸と薬研、光忠は小さく言葉を紡いだ。
そこには王子様スタイルの一期がいた。
今は怒った顔つきだが、これで笑顔を浮かべれば、さわやかな王子様の出来上がりだ。

「何も無理矢理着替えさせなくても、事情を話してくれれば快く引き受けたものを・・・」
「すまないすまない。薬研のやつが、お前のことだから絶対断るだろうって言っててさ。」
「まさかいち兄が快く引き受けるだなんて、思ってもなかったからよ・・・」

苦笑する二人に、プイッとそっぽを向いてしまう一期。
しかし何かを思いついたような顔をし、少しだけ笑った。
その笑顔が、いつもより怖く感じる。

「そうだ。いい機会ですしこの格好で少し、美和殿をエスコートして参ります。」
「な、何を言い出すんだい?」

光忠が焦った声を上げる。さらりとその言葉を、一期はかわした。

「王子かもしれないんでしょう?」

ぞくりとするほどの笑顔。一期のこの態度を見て、鶴丸が一つ確信した。

「もしかして一期、最初からそれが目的で・・・」
「何の事でございましょうな。では鶴丸殿、この衣装、しばらく貸していただく。」

そのまま一期は、鶴丸たちの部屋を出て行った。
部屋の外から他の刀剣たちの驚きの声が上がったと思うと、今度はこの本丸の審神者・美和の悲鳴が上がる。
3人はあわてて部屋の外を出て様子を伺うと、美和は一期によってお姫様抱っこされていた。

「いいいい一期!これは一体、どういうことでしょうか!?」
「他の刀剣男子たちが、私は王子かもしれないと言うもので、せっかくならばと王子様になりきってみたのです。今から美和殿はしばらく、私の姫君になっていただきたい。」
「そ、それは遠慮させていただきたく・・・」
「残念ながら、美和殿に決定権はありませんよ。さあ、私の姫君。二人で少し散歩に出かけましょうか。」

美和の言葉をも無視して、彼女をお姫様抱っこしたまま歩みを進める一期一振。
あの服は、一期に勇気をも持たせてしまうのか・・・と鶴丸は思ったし、普段弟の面倒見ばかりでストレスがたまっているんだろうなと、薬研は思った。
このあと美和は、一期にいいようにされたとかそうでないとか・・・。




王子かもしれない




ツイッターの創作bot様のお題です。

スポンサーサイト


No.36 /   一期一振 / Comment*0 // PageTop▲

← IC #19 / Home / IC #64 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home