25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2015.10.18  IC #31 <<16:50



スザクやリリィ、ライが海の上にいる頃、ロロとルルーシュはアッシュフォード学園にいた。誰もいない静かな学園。そう、みんな修学旅行へと出かけたのだ。「追いかける?」という問いかけに、ルルーシュは小さく断った。その時、屋上のほうから花火が上がる。彼ら二人は驚いてその花火を見上げた。すぐにルルーシュは走り出す。
屋上へと続く階段を駆け上がり、そこに出れば三人の生徒と顔を合わせた。ミレイ、リヴァル、そしてシャーリー。てっきり修学旅行に行ったと思っていたのに…………。

「おかえり、ルルーシュ。」
「ルルーシュもやろうよ。文化祭で使ったのの余り。」

呑気に彼を迎えた三人を見て、ルルーシュは「どうして?」と尋ねた。
リヴァルがいたずらっぽくニッと笑って答える。

「俺たちだけで行ったら泣くでしょ、君。」

続けて、ミレイとシャーリーも述べる。

「旅行なんてね、どこに行くかじゃないの。誰と行くかなのよ。」
「そうそう!!!」

シャーリーは笑って手に包み込んでいるものを大事そうに見つめた。ルルーシュはそれに気付く。昔、ナナリーがよく折っていたもの。千羽折ったら願い事が叶うと聞き、一生懸命ナナリーが折っていたのを思い出す。その出来事を思い出しながら、シャーリーに願ったことを聞いた。すると彼女は、少しはにかみながら答えた。「少しだけ、叶ったよ。」と。みんなと花火がしたい。それが彼女の願いだった。
ニーナとカレン、スザクにルルーシュとそしてロロ。三人にとって、かけがえのない友達。そう、ルルーシュにとっても。そこで、ルルーシュは昔のことを思い出した。

ルルーシュとスザクとナナリー。まだ彼らがお互いに友達だったころ、話したことがある。
もしも幸せに形があったら、どんな形をしているか。それは幼い頃にスザクが言ったように、ガラスのようなものなのかもしれない。本当はそこにあるけれど、普段見えなくて。けれどもちょっと角度を変えると、光を反射して様々なものを映し出す。いつもはそれに気付かない。けれども視点を変えれば、それはいつだって見えてくる不思議なもの。それが幸せの形……………。

『ルル様の幸せはなぁーに?』

俺の幸せ?俺の幸せは、大切なみんなと一緒にいることだよ?
リリィの幸せはなんだい?

『私の幸せ………?うーん、ルル様が大切なみんなと一緒にいることが幸せなら、私の幸せは、その人たちとずっと一緒に笑っていられることかな?』

ごくありふれたことだけど、反対にとっても難しいこと。
この世界には苦しいことや悲しいこともたくさんあって、人との別れも必ずある。いつも大切なみんなと一緒にいられることなんて難しい。ずっと笑いあうことも。でも、だからこそ、もう一度そんな人たちと再会したときの喜びは大きい。

今ルルーシュの目の前に、幼い日のリリィが立っている。
彼女は優しい微笑みを浮かべていた。彼女はルルーシュに背を向けたあと、彼を振り返り、シャーリーたちを指差す。
ああそうか、と彼は思った。

リリィは…………俺を助けに来てくれたんだ。絶望の、どん底に落ちた俺を。
俺は決して、孤独ではないと言いたかったんだな。

絶望を感じ、立ち止まろうとしていた俺に、歩めといってくれている。一人じゃない、仲間がいるんだといってくれている。背中を押そうとしてくれている。幼いリリィは嬉しそうに頷いた。「もう大丈夫ね。」とだけ呟いて、そして影は消え去った。冷たい何かが頬を伝う。

「何?泣いてんの?ルルーシュ。」
「私達の友情に感激ってやつ?」
「違いますよ。」

くるりと彼らに背中を向けて、憎まれ口を言った。心の底ではたくさんのありがとうを述べながら。その傍らで、ルルーシュは思う。

(そう、俺の戦いは、もうナナリーだけじゃ…………)


***


時間です、という冷たい言葉に、スザクは一瞬言葉を飲み込んだ。でも、これがルールだから………。彼は自分に言い聞かせ、短く言葉を放った。

「攻撃開始っ!!!」

大砲の音が響き渡り、ライとリリィはついに始まったと思う。まず最初は、大砲の一斉攻撃から。そうしているうちに、黒の騎士団のタンカーが爆発する。それにあわせて、ブリタニア軍からポートマンが出撃した。

「海中に逃げたか……………。」

ライは手出しをせぬまま、状況を見守っていた。リリィも黙って、ことの成り行きを見守る。
ポートマンが出撃したあと、大量のアスロックが発射される。アスロックは水に引き込まれるように落ちて、海中で爆発した。当然黒の騎士団の潜水艇もこの爆発により、激しい揺れに巻き込まれる。その隙に、ブリタニア軍は海中に包囲網を張る。爆雷投下は続けられた。

「Q-1、聞こえるか!?」
「ゼロっ!?」

もうだめだ!!!みんながそう思ったときに、ゼロの声は聞こえた。玉城が「おせえーよ。」と文句を上げる。神楽耶がにっこりC.C.に向けて微笑み、C.C.は困った表情を浮かべ知らんふりをした。
ルルーシュは崖の上にたち、地図を広げて黒の騎士団に指示する。

「ポイント、L40に向けて急速潜航しろ。」

ルルーシュであるゼロが指示を始めた頃、スザクも動いていた。ランスロット・コンクエスターに乗り込み、戦艦から飛び立つ。黒の騎士団の船の中では、淡々とルルーシュの指示が続けられた。

「魚雷全弾を正面に向けて発射。40秒後だ。」

正面に敵なんていないのに…………。
みんなそう思ったが、神楽耶だけは違った。ゼロを信じる。そういって、みんなを説得した。藤堂も目をつぶり、しばらく考えたあと指示を出す。魚雷全弾を正面に打ち込むことを。40秒後、魚雷は全弾、正面へと打ち込まれた。これでブリタニア軍は、黒の騎士団の船の位置を特定する。スザクは攻撃を集中するよう命じた。浮上してきたら、自分が捕縛すると言いながら。
このやりとりを聞いていたリリィとライは、不審に思う。
どうして黒の騎士団は、正面に敵がいないのに、わざわざ自分達の位置を知らせるようなマネをした?相手だって馬鹿ではないはず。魚雷音で自分達の位置が分かることぐらい、知っているはずだ。
嫌な予感がした。この前の戦いだって、イレブン256人を救うためにゼロは相手が驚くような手を使ってきた。黒の騎士団のいるポイントは、L40。そこから正面には、何がある?そう考えて、リリィとライはハッとした。リリィはアカシャをブリタニア軍の戦艦へと飛ばして大声で叫ぶ。

「みなさんっ、今は引いてくださいっ!!!そっちに行っちゃダメっ!!!お願いっ、逃げて――――――――っ!!!」
「ダメだやめろっ!!!今は引けっ!!!お前達は死ぬ気か――――――っ!?」

ライも迷わず海面へと近づいて叫んだ。しかし二人の叫びも虚しく、全弾発射された魚雷が海底に突き刺さり爆発を起こした時、その現象は始まった。大量の空気や泡が海底から吹き出し、ポートマンを飲み込んでいく。海上にいた戦艦も全て泡の影響で転覆していく。スザクは言葉を失った。

「そんな…………海底から、巨大な泡を?」

彼がそう呟いた瞬間、リリィが小さく言った。

「これはメタンハドレイトの影響よ。黒の騎士団が敵もいない正面に魚雷を打ち込んだのを見て、嫌な予感がしたの。そして、ここの地形を思い出したわ。」
「そう、ここはいわば、メタンハドレイトの池のようなところなんだよ。地面に全弾の魚雷を打ち込めば、こういうふうに…………ね。」

通信を通して、リリィとライの声が聞こえてくる。だから彼女たちはとっさに「引け。」と命令したのか。
スザクは転覆したブリタニア軍の戦艦を見て瞳を揺らす。その時、ジノの鋭い声がインカムからする。


「なんだなんだ?スザク、援軍以前の問題だろ、これは。リリィにライ、お前達がついていながら、どうにかできなかったのかよ?」
「ごめん、ジノ。僕たちが気付くのが遅かった…………。」
「ごめんなさい、ジノ。もっと早く私達が気付いていれば…………」

気弱な二人の声に、ジノはハァとため息をつく。そして言葉を続けた。

「…………分かってるよ。お前達が悪いんじゃない。とにかく、生き残った部隊を集めろ。黒の騎士団を――――――」

ジノがそう言いかけたとき、ブリタニア軍の声がかぶった。「ゼロがこちらに向かってくる。」と。ジノたちはすぐに標的をとらえた。見ればゼロは、一機のナイトメアの手に乗り高速でこちらに向かってくる。

「これがっ、お前の答えなのかっ!!!」

スザクは大きく吼えて、ランスロットのヴァリスの標準をゼロに合わせた。同時に鋭く「撃つなっ!!!」という声がゼロから上がる。そのままゼロは言った。

「撃てば君命に逆らうことになるぞ?」

その場にいた全員が息を呑む。どういうこと………だ?ライはぎゅっと操縦桿を強く握る。君命に逆らうことになる?それはつまり………

「私は、ナナリー総督の申し入れを受けよう。そう、特区日本だよ。」

その言葉をゼロが口にした時、スザクの瞳は大きく見開かれた。一瞬だけ優しい瞳に変わり、でもすぐにまた、その目は冷たくなり細められた。彼は小さく呟いた。「本気か?」と。それともまた、あの悲劇を繰り返すつもりなのだろうか?
スザクと同時に、ライとリリィも言葉を失う。

「ゼロが………特区日本に?ほんとうに?しんじても、いいの?」

うわごとのようにリリィは繰り返した。
ナイトメアの手の上で、ゼロが大声で叫ぶ。

「ゼロが命ずる!!!黒の騎士団は全員、特区日本に参加せよっ!!!」

きらりと、ゼロの仮面が光った。




私は存在するゆえに、永遠である。
(ゲーテ)

スポンサーサイト


No.49 /   IC / Comment*0 // PageTop▲

← IC #32 / Home / IC #30 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。