Welcome to my blog

25=10

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たき刀


審神者である今の主が最初に顕現させたのが、俺だった。
天下五剣の中で最も美しいと言われ、足利の宝剣として骨喰と並び、人々から愛でられた。
俺はいつも、人々を魅了していった。美しさゆえに。
長い歴史の中で持ち主が幾度も代替わりし、俺は様々な主を持った。
今回は、審神者なる者が主。名前を美奈という。
かわいらしい女性(にょしょう)であった。俺を持つには不釣り合いなくらいに・・・。

しかし彼女の霊力は、桁違いだった。おそろしく強大で、しかも剣の道も極めている。
普段はおっとりしているが、戦いのこととなると野性的になった。
彼女の一族は狐の眷属の血が混じっていると聞いた時、何となく理解した。
霊力の高さも、野性的になるところも・・・・。
同時に、彼女が愛しいと思うようになっていった。
共に生活する中で彼女の美しさや仕草、物事の考え方、刀剣に対する優しさ・・・全てを見た。
これが人の言葉で言う、「恋」だということに気づいたのは、俺たち三条派が全員そろった頃であった。

「宗近、少し禊に行ってまいります。」

狐の眷属の血が混ざっている美奈は、数日に一回、禊をしなければならないらしい。
そうしないと霊力が高まりすぎ、人としての体を壊してしまうらしい。

「あい分かった。俺がそばまでついて行こうか?」

「大丈夫。本丸から近いところだし、それに誰にも邪魔して欲しくない。
禊は一人でやりたいから・・・」

それはいつもの答え。
美奈は昔から、誰かを禊に同行させることを嫌った。
近侍である俺さえ、禊に同行することを許されたことがない。

「そうか。それでは三条の面々に、美奈の行き先を言っておこう。
俺たちが常に気を張っているので、何かあった時は俺たちを呼んでくれ。」

「お願いね。」

美奈は短く答えると部屋を出て行った。
俺たち三条派の刀剣は、主と長く過ごしているがゆえ、主と離れていてもその気配が読み取れる。
主の気配が乱れる時は、主が助けを呼んでいる時。
主の気配が消えた時は、主に何かあった時・・・。
彼女を見送り、俺は三条派がそろう部屋を訪れ、彼女が禊に行ったことを伝える。

「そうですね。今宵は満月。獣の力が高まる日。禊が必要かもしれません。」

「でも、なんだか不気味な満月だな。何もないといいんだが・・・」

岩融の言葉に、胸がざわついた。
やはり、美奈がいやがってでもついていったほうがよかっただろうか?

「・・・三日月殿、そのような顔をされなくても・・・。
私が主の安全を祈祷しておこう。」

「すまんな、石切丸。俺は美奈の部屋にいることにしよう。
美奈が帰ってきた時、すぐに体を温められるように・・・」

「おや。聞き捨てならない発言ですな。近侍とは羨ましいものですなぁ。」

「ぼくも あるじさまといっしょに おふとんでねたいです。」

「ほーらほら。年長者をからかうんじゃねーよ。
小狐丸、今剣。誰かと一緒に寝たいなら、俺が寝てやるって!」

「誰がおぬしなんかと・・・。むさくるしいわ。」

「いわとおしとねるのは おふとんをぜんぶもっていかれるから・・・いやです」

わいわいと騒ぐ三人を尻目に、石切丸へ美奈の祈祷だけ任せ部屋に戻る。
美奈のいない部屋は、とても静かで広かった。
彼女が禊に行っている夜は、いつもこの部屋で一人で過ごす。
体を冷やして帰ってきた彼女を暖めるための準備をしておく。
暖かい薬湯を用意し、着替えと床を準備しておく。
準備し終えると、静かに瞑想しながら彼女を待つ。
瞑想中、頭に駆け巡るのは、これまでの自分の記憶と昔の主たち。
いつものように今日も、ふすまの近くに座り、瞑想を始めようとした。
だが・・・・・・

パチッ・・・・・!

蝋燭の火が弾け、ツーンと何かが耳をつんざき、一瞬音が聞こえなくなる。
気配が・・・乱れている。美奈の・・・・!
ドタドタと廊下を走る音が響き、パンッと障子が開いた。

「三日月・・・!主の気配が・・・・!」

「あるじさまが・・・あぶない!」

今剣と岩融の言葉に、すくっと立った。腰に備える三日月宗近に手をかけて。

「祈祷は役に立たなかったか!急ごう!一刻を争う!」

石切丸が本丸を飛び出して行く。それを合図に、他の三条派も走り出した。
心の臓がばくばくと音を立てていた。
美奈の気配はまだ消えてはおらぬ。まだ生きている。
もし間に合わず、彼女の気配が消えてしまったら・・・・?
俺は、どうなってしまうのだろう?愛する者を失った俺は・・・・。

* * *

彼女がいつも、禊をしている場所に着く。
白い着物を着た美奈が、泉のそばに倒れていた。
禊の最中であったのだろう。濡れた髪が頬にはりつき、白い着物が彼女の体の線を映し出していた。
地面に散らばる、彼女から流れ出た赤い血・・・。
肩や背中を大きく切られ、その血はまだ止まっていなかった。

「あるじさまっ!!」

真っ青になった今剣が、美奈に駆け寄る。
うつろな目で今剣を見た彼女は、名前を呼んだ。

「今剣・・・・それに、みんなも、宗近も・・・・」

「ぬし様・・・なんとおいたわしい!代わって差し上げたい!」

「とにかく、一度戻ろうぞ。主の傷を手当せねば!」

体の大きい岩融が彼女を背負い、今剣が泣きじゃくりながらあとをついていく。
今剣を慰めながら歩く石切丸と、唇をかんでいる小狐丸。
何があった。ここで・・・・。
調べたい衝動と、彼女のそばにいたい欲求が俺の中でぶつかる。
最終的に俺の欲求のほうを取る。俺は美奈の近侍だ。そばにいなければ・・・。
そういう身勝手な理由をつけて・・・。

* * *

本丸にて、石切丸が手慣れた手つきで彼女の傷を手当する。

「むねちか・・・むねちか・・・・。どこ?どこにいるの?こわい・・・。」

「俺はここにおる。心配するな。今はゆっくり休め。」

彼女は痛みと戦っていた。恐怖とも・・・・。
俺を求める手が、ふとんからのばされる。
そっと手を取ると、彼女は小さく笑った。
幸いにも、俺が用意しておいた薬湯が彼女の痛みを和らげる。
静かに眠りについた美奈を囲み、誰もが安堵する。
俺の手は、固く握られたままだった。

「だれかが あるじさまを おそったってことですよね?ころしたい・・・・。」

「おそらく敵であろうな。私のぬし様を斬るなど・・・・許せないです」

最初に今剣が口を開き、小狐丸が牙をむき出しにして唸る。地響きのように低い声だった。

「俺も同じぞ。見つけ出して、叩き切ってくれるわ!」

「私も彼女を傷つけた相手がとても許せないね。
今回ばかりは派手に暴れても、誰にもとがめられはしないだろう・・・」

いつも冷静な石切丸も、今回ばかりは怒りに満ちた表情を浮かべていた。
それは俺も同じ・・・。
奴らは俺にとって愛しい者を傷つけた。それ相応の代価は支払ってもらわねば・・・。
もちろんその代価とは・・・死だ。

「敵とまみえようぞ。この代価はきちんと支払ってもらわねば、三条の気が済まぬ。」

俺は彼女から手を放し、代わりに一つ唇に口づけを落として立ち上がった。
残りの面々も、手に己の武器を持ち、立ち上がる。
みなのつり上がった目。敵は我々、三条を怒らせた。
奴らに未来などない。俺たちが・・・潰してやろう。
美奈のためなら俺たちは、どこまでも非情になれる・・・。



冷たき刀



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。