Welcome to my blog

25=10

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IC #32


行動の先にこそ、明日がある。お前にそういえば、何て答えるだろう、リリィ
きっとお前のことだから、「そうなの?」と首をかしげて不思議そうな目をするだろう。
そう、行動の先にこそ明日が…………俺の、俺たちの生きる明日が―――――。


ロロはヴィンセントでゼロを黒の騎士団の潜水艇へと送り届けた。その際に兄との約束を確認する。ルルーシュは「ああ。約束する。」と答える。そのまま彼は機体を上昇させた。ちらりと目を向けると、兄の機体、ランスロット・クラブと、姉の機体、アカシャが目に付いた。

(ごめん、兄さん…………姉さん。)

心の中で静かに謝って、飛び去った。

「行政特区・日本に協力する?だからと言って、お前の罪は消えない。」
「スザク。」

ジノが無線を通して、低く彼の名前を呼ぶ。今は引くしかない。ブリタニア軍はゼロの作戦により壊滅状態。黒の騎士団を追うにしても、戦力がない。
目を細めて、スザクはジノに答えた。「分かっている、ここは引こう。」と。今の現場の指揮官はスザク。ほっと、ライとリリィは胸をなでおろした。

黒の騎士団が再び海にもぐり、姿を消す。それと同時に、ライとリリィはすぐさま海面へと近づいた。リリィはインカムに手を当てて叫んだ。

「こちらエンジェルズ・オブ・ロードのリリィ・ルゥ・ブリタニアです!!!
近くを潜航の船に告ぎます!!!現在ブリタニアでは多数の負傷者が出ています。もし救出活動に協力してくれる船がいましたら、協力をお願いしますっ!!!」

すぐ横で、海に逃げた兵士たちをライがランスロット・クラブで救出していた。リリィの声を聞き、指定されたポイントに次々と集まってくる船。その中には、日本の漁船が多数あった。すべてリリィやライが、復興活動を通して知り合いになった人たちばかり。

「セラフィムさんたちが言うんだったら、俺たちは協力するさ!!!たとえいけ好かないブリキどもでもなっ。お前達を信じてるからなっ!!!」

にやりと笑って漁船の乗組員は二人に向かい、グッと親指を突きたてた。ライとリリィがにっこり笑う。そんな彼らを見て、スザクは何ともいえない気持ちになる。
日本人の自分よりも、ブリタニア人であるリリィやライのほうが、彼らの信頼を得ている。同じ皇帝直属の立場にあっても、日本人と同じ目線に立ち、同じものを見た彼ら。もしかしたら、自分もそうするべきだったのかもしれないと思う。戦って、戦って、力を認めてもらうんじゃなく…………。でも上に行かないと、ナイト・オブ・ワンにならないと、日本という土地は手に入らない。だけど………今は彼女と同じ目線に立ちたい。
スザクは旋回して、リリィのところへとランスロットを飛ばす。そのままライと同じように、救助を求めている兵士たちを助けた。無線を通して聞こえてくる優しい声があった。それはリリィの声。

「スザク…………ありがとう。」

画面に映った彼女は、今まで見たことがないほど綺麗に微笑んでくれていた。


***


ゼロが行政特区・日本へ参加すると告げた数日後―――――――。

コツコツと靴音を響かせ、政庁内の廊下を歩くライ。
ふと、ナナリーの執務室からローマイヤの怒った声が聞こえてくる。今度はこちらの原稿どおりに………とナナリーが言われているのを聞いて、ライは苦笑した。

(さすが、リリィの妹だな。)

彼はそう思う。
直接血はつながっていないけれど、リリィが幼い頃共に過ごした存在。自分で勝手に決めて、相手に怒られるところはリリィそっくりだと、ライは密かに笑った。
突然扉からローマイヤの顔が現れて、ギョッとするライ。

「ライ・ルシフェル様。総督に何か御用でも?」

明らかに怒りを含んだ声だったので、ライは「いえ………。」と答える。けれども、「あ。」と呟いたあと、ライはローマイヤに言った。一つだけ、ナナリーに伝えることがあると。すぐ部屋に通されて、ライはナナリーを見る。とても不安そうな顔をしていた。

(あーあ、かわいそうに。あんなに不安そうな顔して。かなり怒られたのかな?)

そう思いつつ、彼はナナリーの小さな手をとった。
一瞬ピクリと体を反応させる彼女。震える声で「もしかして、ライさん?」と名前を口にする。
「そうだよ。」と答えたあとで、口には言わず、ナナリーの手に直接手話で伝えた。

『ナナリーの無茶苦茶ぶり、リリィにそっくりだね。ローマイヤさんに怒られて大変そう。愚痴ならいつでも聞いてあげるからね?』
「ライさん…………。」

ナナリーに笑顔が戻った瞬間だった。
ライはローマイヤに礼を述べると静かに部屋をあとにする。その時、バタバタと廊下を走ってくる人がいた。緑のマントをなびかせるジノ。彼はライの存在に気付くと、すぐに走るスピードを緩める。

「どうしたんだ?ジノ。そんなに慌てて………」
「それがな、さっきスザクが日本人の一等兵に襲われたらしい!!!」

ライは冷や汗をかく。武芸に秀でている彼のことだ。大丈夫だろうと思う。
しかし、もしもスザクに何かあれば―――――――リリィが悲しむ。

「それでスザクはっ!?」
「何ともないってさ。俺も一瞬焦ったけど、相手はスザクだぜ?たかが一等兵に殺されるスザクじゃないって。」

笑ってジノはそう答えた。よかったとライは安心し、再び歩き出す。
どこに行くんだ?とジノに尋ねられ、彼はジノへと振りむいて言った。しばらく自室にいると。ジノは「そっか。」と呟き、彼を見送った。
エリア11は、ナナリーの行政特区・日本の発言により大きく動いている。あの人に、このことを伝えたほうがよいだろうと、ライは思っていた。
自室に戻り、パソコンをつけ、あの人へと連絡を取る。その相手はすぐ通信に出た。けれども、それはライの求める相手ではなく…………

「おお、ライ!!!元気にしているか?」

顔にしわを刻んだ、優しそうな顔。にっこりと笑う目が、リリィとそっくりだった。
ライはすぐさまパソコンの画面を見たまま叫ぶ。

「ゆっ………ユーサー様っ!!!」

ユーサー・ペンドラゴン。
その昔、アルビオンを統治していたモルガン・ル・フェを支えた人物で、その夫。クラエスの父であり、リリィの本当の祖父。そして、ライとロロを可愛がってくれた人。その人物が、いつもと変わらないニコニコ顔でライを見つめていた。

「お、お久しぶり………です。」

硬くなりつつも返事を返すと、相手は寂しそうに笑って言う。

「ライ、いつからそんなふうに他人口調になったんだ?昔は『おじちゃん、おじちゃん』って言いながら、ロロと二人で私の膝の取り合いをしたではないか。昔みたいにまた『おじちゃん』って呼んで―――――」
「ユーサー、ライは私に話があって連絡をよこしたんだ。最近リリィたちが帰ってこないで寂しいのも分かるが、ライに甘えるのは用事が済んでからにしてくれ。」

横から厳しい口調の女性が割って入ってくる。寂しそうにユーサーが引っ込んだ。代わりに画面に映る、威厳の備わった女性。リリィと同じ赤い瞳が、ライをとらえる。

「すまないな、ライ。最近ユーサーは寂しいみたいなんだ。老人の戯言だと思って、許してやって欲しい。」

「あははは。」と乾いた笑い声を上げるライ。
そういえば、エリア7を出てしばらくたつ。昔はにぎやかだったあの城も、今は広いだけなのだろうと彼は思った。
感傷に浸りながらも、ライは表情を真面目なものにしてモルガンに言う。

「お久しぶりです、モルガン様。報告があって、連絡をしました。その………ユーサー様もモルガン様もお元気そうで何よりです。」

「私はいつも元気にしているよ。」とユーサーが口を挟んだので、モルガンはキッと彼を睨む。すぐにユーサーの声はしなくなった。彼女の視線が、ライに戻ってくる。ライは苦笑を浮かべつつも言葉を続けた。
エリア11での出来事。新しい総督がナナリーになったこと。そして、行政特区・日本の再建と、それに協力することにしたリリィのこと。黙ってモルガンは聞いていた。そして、一つ、言葉を紡ぐ。

「行政特区・日本…………。そうか、今度は悲劇を生まなければいいが。」
「そうなりそうなら、僕たちが全力で止めます。悲劇を生むのは、もう、終わりにしたい。亡きクラエス様のためにも………。」

ライは下を向いて小さく呟く。
リリィの母、クラエスは争いを好まなかった。モルガンも、ユーサーも。
その昔、アルビオンはブリタニアのように何回も民族同士の戦いを繰り返してできた国だった。だからアルビオンの人々は争いを嫌う。

「そうだな。私も悲劇は生んでほしくない。ただ、無茶はするなよ、ライ。リリィにもそう言っておけ。あの子は少し、無茶をするところがある。」
「それは僕がよく知っていますよ。リリィが無茶しそうになったら、僕が殴ってでも止めます。」

冗談めいたように言うと、モルガンが笑った。「お前が言うと、冗談には聞こえないな。」と静かに呟いて。彼も一緒に笑った。そして別れの言葉をつげる。遠くでユーサーが叫ぶ。近いうちに、リリィとロロをつれて顔を見せに来て欲しいと。モルガンは困ったような顔をした。ライも少しはにかみ、うなずいた。
通信を切ると、画面にブリタニアのマークが出る。

「近いうち…………か。」

ライは呟いた。
近いうちと言っても、だいぶ先になりそうな気がすると思いながら、大きく伸びをした。


「言わなくてよかったのか?モルガン…………。」

通信が切れた画面を見て、ユーサーがモルガンの肩に手を置く。モルガンは首をふって答えた。

「今言うと、ライを心配させるだけだ。それに、たかがタロットのカードだろう?何の信用性もない。当たるかどうかも分からない、非科学的なものだ。それこそライに、余計な心配をかける。」
「だが、お前のタロットは一度も外れたことがない。クラエスの時だって………。」

モルガンは肩に乗った手に、自分の手を重ねた。
瞳を細め、そのまま俯いて言葉を発する。

「まだ全て、分かっているわけじゃない。タロットで『DETH』のカードが出ただけだ。それだけだよ、それだけ…………。クラエスのときは、バンシーが来た。今回は来てない。きっと私の間違いだ。」

そう、笑ってモルガンは言う。
バンシーなど、来ないほうがよい。悲しみはもう、たくさんだ。
モルガンは強くユーサーの手を握った。




悲しみは独りではこない、必ず連れを伴ってくる、その悲しみの跡継ぎとなるような連れを
(シェイクスピア)

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。