25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2016.01.24  審神者会議シリーズ詳細 <<00:01


なんとなくやってみたかった企画。審神者会議シリーズ!
他の本丸審神者が出てくる話ばかりのものにしたいなぁ・・・と。他の本丸の審神者の設定は、全部月桂樹が考えてますけども・・・。
もしとうらぶ物書きさんが↓の審神者設定の子たちを気に入っていただけたら、お持ち帰りされてもかまいません。その場合はサイトのほうへ、25=10で借りたことへの記載をお願いいたします。完全フリーな審神者設定配布ではありませんので・・・。いろんなサイトさんで、うちの審神者設定の子たちが登場するのが楽しみです。
もし教えていただけたら、マッハで遊びに行きますのでー!でわでわ、以下審神者会議シリーズに登場する審神者設定です!

柚原 美和(メインとなる審神者、名前変換可能)
近侍→三日月宗近、加州清光
20代女性審神者、代々巫女の家系で霊力は高め。三日月宗近、小狐丸、鶴丸国永、一期一振などのレア刀剣を所持しており、刀剣男士たちの信頼も厚い。幼い頃、歴史修正主義者たちによって両親を殺されたという悲しい過去を持つ。
実践での実力も高く、特A級ランク審神者。また、戦国の記憶での審神者。袴姿で任をこなす。

松田 透(まつだ とおる)
近侍→鶯丸、獅子王
30代のおっさん審神者。武家の記憶での審神者。元一般企業の会社員。
全てにおいてやる気のないヘビースモーカーだが、実力は特A級ランク審神者。なんだかんだで美和とは仲良し。コンピュータ関連に強く、裏の顔はハッカー。峯崎涼子とは以前務めていた会社の同僚で、ハッカーとしてのライバルだった。常に着物を着崩したスタイルを保つ。刀剣男士たちにとっては、主というよりお兄さん的存在である。

峯崎 涼子(みねさき りょうこ)
近侍→鯰尾藤四郎、骨喰藤四郎
30代女性審神者。織豊の記憶での審神者。元会社員で、現在は時の政府の官僚。
本部で勤務していたが、審神者の適正が認められたため審神者として刀剣男士たちを従えて織豊の記憶へと飛んだ。能力的にはA級に近いB級審神者であるが、計算されつくした作戦にて無敗を誇っている。コンピュータのシステムに詳しく、松田とは以前の会社で同僚関係、さらにはハッカーとしてライバルであった。常にスーツ姿。

木下 かなめ(きのした かなめ)
近侍→岩融
小学生女子、幼女審神者。江戸の記憶の審神者。
審神者であった祖母が急死したため、そのまま審神者の任を引き継いだ小学生。実力はA級クラス。心優しいがまれに残忍な性格へと変貌することがある。事故死した両親からもらったウサギのぬいぐるみをいつも手放さずに持っている。小学生にしてゴスロリに目覚め始めており、最近ではゴシック調のワンピースを好んで着ている。

青野 遊星(あおの ゆうせい)
近侍→薬研藤四郎、一期一振
20代男性審神者、現役大学生。維新の記憶の審神者。
スポーツ万能で友達からの信頼も厚く、熱血な性格。松田にはいつもうっとおしがられている。自分の本丸の刀剣男士たちとは、友達のようにふれあっている。実力はA級クラス。大学の勉強が忙しくなると、あまり審神者業には顔を出せなくなる。いつもはTシャツ・ジーパンというラフな格好をしているが、審神者会議になるとスーツを着てくる礼儀正しい青年。

桂木(かつらぎ)
近侍→燭台切光忠
おじいちゃん審神者、下の名前は不明で誰も知らない。池田屋の記憶の審神者。
彼につけられているランクはA級ランクだが、実は特A級ランクの実力を持つ審神者。いつもはのほほんとしており、マイペースであるが、剣道の達人である。審神者としての経験も長く、いつも的確に意見を述べる。ジャージ姿を好んでいるため、近侍の燭台切光忠からは、もう少し身なりに気を使った方がよいと怒られている。



こんな設定で、お話を書いていきますよー♪



スポンサーサイト


No.70 /   審判者会議シリーズ / Comment*0 // PageTop▲

← 三日月宗近の料理 / Home / 戦う存在 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。