Welcome to my blog

25=10

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミシニタモウコトナカレ(与謝野晶子)




キミシニタモウコトナカレ(与謝野晶子)




足立との最終決戦を迎えようとしている前夜、悠と美和は堂島が入院している病院にいた。
病室で二人は、堂島に明日最終決戦に臨むことを伝える。彼はそれを黙って聞いていた。

「必ず、足立さんを生きたまま連れて帰ってきます。」

彼にはこれまでの罪を償ってもらわなければならない。
「・・・おう」という力のない返事。さっきから堂島は下を向いたままだった。
普段の彼なら燕の背中をバン!と叩き、「勝ってこいよ」と言うだろう。堂島の様子の違いには美和も驚いているようだった。美和は燕に目配せする。
菜々子のこともあり、きっと疲れているんだろう・・・そう燕にそっと声をかける。頷いた燕は、堂島に言った。

「それじゃ堂島さん、今日はこれで帰ります。堂島さんもゆっくり休んでください。」
「・・・・・。」

くるりと二人は彼に背を向けた。その瞬間、堂島の低い声が上がる。

「・・・・おい、待て。」

二人は同時に振り返った。堂島はじっと二人を見ていたが、ただ一言、若い彼らに言葉を送った。

「お前ら、死ぬんじゃねぇーぞ。絶対、生きて帰って来い。」

燕と美和は顔を見合わせる。そして力強く頷いて返事をした。

「はい。絶対、生きてみんなで帰ってきます。堂島さん、行ってきます。」

その言葉を残し、二人は病室から出て行った。
堂島は「はぁ」とため息をつく。若い彼らに任せることしかできない自分がはがゆい。彼は拳をにぎって、もう一度小さく呟いた。

「本当に、生きて帰ってこいよな。」

堂島は、彼らが出て行った扉をじっと見続けていた・・・・。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。