Welcome to my blog

25=10

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどろむキミにそそぐ


もしも最後に一緒にいたのが天田だったら……なんていうIfの話。



さわさわと風に揺られる美和さんの髪。
ついこの間まで風は冷たかったのに、今日はどこか暖かい。陽射しも柔らかくて、下手をすればこのまま眠ってしまいそう。
美和さんの穏やかな声が聞こえてきて、僕は俯き加減だった顔を上げた。

「もうすっかり春だね。」
「そう・・・ですね。この前まで、冬だと思っていたのに。」

そこでまた、柔らかい風が僕たちの間を吹き抜ける。僕はそっと、美和さんの手に、自分の手を重ねた。

「あの、美和さん。僕、こんなふうにあなたと春を迎えられて嬉しいです。初めてあなたと出会った時は、こんなふうにあなたを愛しいと思うようになるなんて、予想もしてませんでした。僕はあなたの隣に居られて、すごく幸せです。」

そう言うと、彼女はにっこり笑った。

「私も、天田君が大好きだから、とっても幸せだよ。天田君、私を好きになってくれて、ありがとう。」

美和さんは、僕の手を握った。
最初は手をつなぐことも恥ずかしかったけど、今はそんなことない。彼女の手のぬくもりが、僕を好きでいてくれることを教えてくれるから。

「なんかその言葉、お別れみたいに聞こえて嫌です・・・。」

手を握り返しながら、僕はそう呟いた。美和さんは「ごめん」と舌を出して謝る。そのまま僕に寄り添った。
しばらく沈黙の時間が流れ、美和さんがウトウトし始める。こんなに気持ちのいい日だから、仕方ないよね。

美和さん、僕が膝枕をしますよ?」

彼女は小さく微笑んだ。屋上のベンチで美和さんは横になり、僕の膝へ頭をのせる。不思議な光景だった。僕が美和さんの顔を見下ろすなんて・・・。
美和さんは横になったあと、手を伸ばして軽く僕の前髪に触れる。

「乾君、大好きだよ。」

僕はドキっとする。初めて名前で呼ばれた。恥ずかしかったけど、嬉しさのほうが勝った。

美和さん、僕もです。あの時誓ったとおり、僕はずっと美和さんのそばにいますから・・・。」

そう言うと、美和さんの瞳から涙がこぼれ落ちた。光輝いて、綺麗な涙・・・。

「私も誓う。乾君、私宇宙のどこかで静かに眠っても、心はいつも、乾君と一緒にいるからね。」

そのまま美和さんは、眠そうに目をこすった。僕は美和さんの髪をすきながら促す。

美和さん、眠いなら寝てください。皆さんが来たら、僕起こしますから。」

その言葉を合図にするように、僕の彼女は静かに目を閉じた。穏やかな表情の彼女に、僕は一つだけ、キスを贈った。




まどろむキミにそそぐ



(僕はその時、彼女が旅立ったなんて思わなかった。)



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。