25=10
駄文だらけのサイト


★更新履歴★


17.09.16
IC#56〜#63移行完了
#66・#67UP!
長らくお待たせしました!
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近


お名前変換




カテゴリ


はじめに (1)
刀剣乱舞top (1)
  三日月宗近 (11)
  小狐丸 (4)
  石切丸 (4)
  一期一振 (3)
  山姥切国広 (3)
  鶴丸国永 (2)
  刀剣乱舞 その他 (9)
  審神者会議襲撃戦 (2)
  刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) (1)
  審判者会議シリーズ (4)
コードギアスtop (1)
  IC (69)
アトラス (2)
  P4連載 (14)
  アトラス 短編 (4)
その他ジャンル (4)
link (1)
未分類 (0)


Twitter




最新コメント




2016.05.08  #01 <<21:30


俺たち刀剣たちが体を与えられ、心を与えられたのはなぜだろう?と疑問に思ったのは、時間遡行軍との戦闘中だった。
人間はなぜ、己の姿に似せたものを作り出すのだろう?
人形、ロボット、そして刀剣男士たち。審神者で、俺たち本丸の主である美和は、困ったように笑って言った。

『それは多分、人の姿をイメージしたほうが顕現しやすいからなんじゃないかな?』

でもそれは間違いだ。だって同じ人型をとってしまえば・・・

折れた時に悲しいだけじゃないのか・・・・?

自分の刀が相手の攻撃によって弾け飛ぶ。キーンと耳をつんざく音。肉が切れる音と、じわりとやってくる熱いような痛み。立ちはだかる時間遡行軍の獣のような瞳が俺を貫く。

「血で汚れるくらいならいっそ・・・・」

殺してくれたって構わないのにな。

俺は小さくそう呟いて、静かに目を閉じるのだった。写しの俺など、折れたところで誰が悲しむというのか・・・。
スポンサーサイト


No.79 /   刀剣乱舞 彼は誰時(プチ連載) / Comment*0 // PageTop▲

← ニガヨモギ / Home / 渡せない役目 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home