Welcome to my blog

25=10

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去は振り返らない。

新緑の季節。日差しはもうすでに、夏の日差しをしていた。強い光が照りつける中、粟田口の長兄・一期一振は縁側に座り、ぼんやりと庭を眺めていた。内番の休憩中、短刀たちはゆっくり過ごすのではなく鬼ごっこをしている。キャーキャーと声が上がるそばでは、新撰組の刀たちが洗濯物を取り込んでいた。

「一期。休憩中ですか?」

不意に頭上から柔らかな声が降ってくる。少し顔をあげれば、この本丸の審神者・美和がそばに立っていた。
彼女は目の前に広がる青空を見て、小さくため息まじりに言う。

「まだ新緑の季節になったばかりというのに、こうも暑いとこれからの夏が心配になりますね。」
「ははは。そうですな。今日は暑いのでこまめに休憩を・・・という長谷部殿のお考えのもと、こうして休憩をとっておりますが、我が弟たちは疲れ知らずで・・・」

はしゃぐ短刀たちに目を向けると、美和もそちらを見てにっこり笑った。
その眼差しがまるであの人のようで、一期は喉まで出かけた言葉を必死に飲み込む。
言ってしまいそうだった。「秀吉様」と。彼女は眼差しは、いつでも秀吉の眼差しに似ていた。怒った時も、優しく笑う時も。それは彼女が、豊臣の血を引く人間だからなのかもしれない。
直系ではないが、彼女は正真正銘、豊臣の血を引く人間。戦国から今の世に至るまでずっと、途切れることのない豊臣の血。おそらくそのことは、彼女自身知らないのだろう。
だが、豊臣の刀だった者たちは、そのことを知っている。感じるのだ。秀吉の血を。だからここには、一番最初に豊臣の刀ばかりが集まった。一期一振、鯰尾、骨喰、三日月・・・。

「ねえ一期。いい考えがあります。今度、この本丸の庭ですいか割りいたしましょう?短刀たちは喜ぶと思うんです。」
「そうして結局割れなくて、私の刀を使って切り分けるおつもりでしょう?」

にっこりそう言葉を返すと、彼女は「どうして分かったの?」と狼狽した。
だってそれは、あなたのご先祖様が同じようなことをしたから・・・という言葉を、一期はごくりと飲み込んだ。
彼女は秀吉ではない。一人の審神者として、この時代で采配をふるっている。
たとえ彼女が秀吉と同じ眼差しをしていても、彼はもう、この世にはいないのだ。全ては過去。一期は人間として、今を生きている。

「・・・美和殿。」
「一期、どうしたんですか?突然そのような神妙な顔をして・・・」

美和が一期の顔を覗き込む。彼は太ももの上でグッと拳を握り、美和に向かって言った。

「私はもう、過去は振り返らない。あなたは私のただ一人の主・・・。守ってみせます。どんな時も。」

困惑する美和と、決意を固めた一期の間を新緑の風が通り抜けていく。鯰尾は言った。「過去は振り返らない」・・・と。ならば自分も・・・。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。