FC2ブログ

25=10

駄文だらけのサイト

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

★ Link ★



当サイトはリンクフリーです。張ったりはがしたりお好きにどうぞ。報告は任意です。

サイト名:25=10(にごじゅう)
管理人:月桂樹(つきけいじゅ)
URL:http://yume0text.blog.fc2.com
banner.jpg


イラスト・小説サイト様
宵ノ月 il primo bacio 幻想人間 vitamin17 野良犬 Eclipse walter
8 × 3 honey

素材サイト様
natural Clover white Garden 戦場に猫 千狂い NEO GIMEISM DESIGNX103
100g phantom クスクス

サーチサイト様
ギアスサーチ o-20d ペルソナ・サーチ! とうらぶサーチ 女審神者サーチ

カテゴリー:link

聚楽第



聚楽第への通路が封鎖されて1ヶ月がたっていた。
監査官として第2部隊に同行していた山姥切長義も、新しい刀として馴染み始めた頃だった。
三日月宗近は秋の日差しの中、縁側に座り茶をすする。真っ赤に色づいた庭の紅葉の葉が、音もなくハラハラと散る。
ただ、その場は静寂だった。ふと、昔聞いた百人一首の一つを思い出す。

(そういえば、あったな。紅葉の歌。確か・・・)

頭に浮かんだその歌を、小さく呟く。そうでもしてないと、あの時のことを考えてしまいそうで仕方なかった。
あのこととは、聚楽第での出来事。できれば今は、考えたくもないことであった。
しかし・・・・。

「三日月宗近。こんな所でまた茶を飲んでいるのか?今日は内番も休みか?」

声をかけたのは、聚楽第を共にした、山姥切長義であった。できれば今は、会いたくなかったのだが・・・。

「山姥切の。お主はこれから内番へ向かうのか?」
「そうだ。全く・・・。この山姥切の本歌が、どうして畑仕事なんか・・・。しかも今日は偽物君とだよ。」

不服そうに顔をしかめた長義が、小さくため息をついた。
会話は一旦そこで途切れたが、しばらく時を置いたのち、再び長義が口を開く。
彼の言葉は唐突だった。

「・・・・・三日月宗近。お前はもしかして、あの聚楽第のことを考えているのではないな?」
「・・・・。」

宗近は何も言葉が返せなかった。知らぬふりをして茶を飲んでみたものの、長義は宗近が聚楽第のことを考えていたのだと分かり、先ほどとは違うため息をついた。呆れたため息だった。

「三日月宗近。いいか、あれは違う次元の世界の話だ。あそこは歴史改変されてしまった、こことは違う平行世界の話だ。あの世界の本丸は、確かにこの本丸とそっくりだった。敵も、あの時と同じ第2部隊の刀剣男士だった。だた、それだけの話だ。この世界とは違う世界の話。一体今更何を考える必要があるんだ?」

長義は持っていたスコップを地面に刺した。スコっという、土とスコップが擦れた音がする。
長い時間をかけて、宗近はただ一言、「そうだな・・・」とだけ言った。
彼の言葉を聞いた長義は、どこかまだ不満そうであったが、そのままスコップを地面から抜いて立ち去った。
宗近はただ、静かに茶を飲みながら彼の後ろ姿を見送る。再び静寂が訪れた。

「今更何を考える必要がある?・・・か。」

宗近は持っていた湯飲みに視線を落とした。自分の顔が茶に映る。
あの聚楽第は、確かにこの本丸と同じだった。同じ土地。同じ本丸。同じ仲間。そしてきっと・・・同じ審神者。
あの世界では審神者に出会わなかった。長義はあの時、この世界の審神者は死んだと言った。それはおそらく違うと、宗近は今でもそう思っている。
聚楽第で敵として現れた三日月宗近を切った時に、それがはっきり分かった。
あそこの世界の審神者は、あの三日月宗近が隠してしまったのだ。それはあれが、自分の主である審神者を好いていたから。
そして自分も・・・・。

「もし、あの世界がこの世界の鏡のようなものなら、俺ももしかしたら美和を・・・」

あの時、聚楽第で死んでいった三日月宗近の顔を思い浮かべて、宗近はゾワっと寒気がした。
あってはならないことだ。審神者を隠すなど・・・。しかしもし、この世界が聚楽第のようになってしまったら、俺は自分の衝動を抑えられるのだろうか・・・。
不安な気持ちに押しつぶされそうになりながら、宗近は縁側から立ち上がった。
その場を後にする彼を、たまたまそこに戻ってきた長義は目撃する。そのまま瞳を少し細くしながら呟いた。

「・・・聚楽第でアレを斬った時に、アレの霊気に当てられてなければいいんだがな・・・・・。」

長義は三日月宗近自身が、この本丸の三日月宗近のまま過ごせるよう、願うばかりだった。



カテゴリー:  三日月宗近

では主、行ってくる。




修行に出る奴らを、初期刀として何度も見送った。
一体彼らは、どんな思いを抱え修行に出て、戻ってきたのだろう?怖くはないのか?自分の過去と向き合うこと・・・。
美和はそんな彼らを、静かに見送り静かに迎え入れた。
陸奥守、蜂須賀、加州、歌仙・・・。
馴染みの打刀たちが旅に出て、全員が戻ってきた瞬間、彼らの顔つきは違っていた。
過去を受け入れ、未来と今の主である美和を見つめていた目だった。
みんな、俺よりも一歩前に進んでいた。
初期刀だった俺よりも、一歩前に・・・。

強くなりたいと思った。

これまで写しだと卑屈で生きてきた。
山姥切の写しとして生まれてきたことに対して、罪悪感があった。
それをかき消すように、自分は国広の第1の傑作であると、言い聞かせてきた。まじないのように・・・。

これで、いいのか?

心の中に宿るもう一人の自分が、問いかける。
他の奴らは前に進む。強くなるために。美和を信じて。
兄弟である堀川国広だって。きっといずれは、山伏国広だって・・・。

自室の真ん中であぐらをかいて目を閉じていた俺は、静かに目を開けた。
誰にも劣らないくらい、神経が研ぎ澄まされている。今なら・・・。
夕闇が迫る時間帯、俺は美和の部屋へ向かった。

美和。あんたの初期刀として、一つ頼みたいことがある。」

俺を見つめた彼女のその目は、もうすでに俺の願いを見透かしているような目だった。



では主、行ってくる。



そう短く告げて、俺はこの本丸をあとにした。

カテゴリー:  山姥切国広

かざぐるま




とある本丸で、若い審神者が病気で亡くなった。
審神者は残された刀剣男士たちが、次の審神者が決まるまで今の姿が保てるようにと、庭の大木に己の力を残していた。
刀剣男士たちは、その力を少しずつ使いながら姿を保つ。
審神者がいなくなったこの本丸は、喪に入った。皆、ふとした瞬間審神者を思い出し、涙を浮かべたり、鼻をすすったり。
新しい審神者なんていらない・・・とさえ思っていた。
そんな日が1ヶ月ほど続いた頃・・・。
突然三日月宗近を筆頭とする三条派の者たちが、小さな赤子を連れて帰って来た。
赤子はどこか懐かしい匂いがした。ついこの間まで、ここにいたような人物と雰囲気がそっくりで、その人物の名前を口にしてしまいそうになる。

「この子は一体どうしたんだ?」

長曽祢虎鉄が三日月宗近に尋ねると、彼はにっこり笑って答えた。

「我らの新しい主よ」

宗近の言葉に、他の三条の面々も頷いた。
小さな赤子はケタケタと笑いながら、長曽祢に向かって手を伸ばしていた。まるで、再会を喜んでいるように・・・。
その日から、小さな赤子は前の主を失ったこの本丸を引き継ぐことになった。

赤子は刀剣男士たちに愛された。
あまり泣くこともなく、人見知りすることもなく、みんなに懐いた。特に、近侍である三日月にはひときわよく懐いた。前の主とどこか似ている・・・と、みんなそう思っていたが、口には出さなかった。
寒かった冬が過ぎ、春が来て、初夏の頃を迎えた。
宗近は赤子を抱きながら、加州が持って来たかざぐるまに息を吹きかけ回す。大きなかざぐるまが回るたび、赤子は喜んで声を上げた。そして三日月は小さく歌ってやる。

「・・・なぁ、美和よ。俺を愛してくれたこと、覚えてはおらんだろうなぁ。しかしだ。お前はまた、こうして再び生まれてきてくれた。美和が俺に会いたい一心で、再び生まれ変わってくれたと、そう思ってもよいか?」

優しく話しかけると、赤子は声を出さず、ただにこっと笑った。その表情が前の審神者そのもので、宗近はキュッと胸が苦しくなる。
ただただ前の審神者に会いたい一心で、宗近は彼女の魂を探した。再び人間に生まれ変わってくることを信じて。探して探して、やっと彼女の魂を見つけた。

「俺はずっとずっと美和そばにいてやろう。今度はこの手を離さんぞ。だから早く、大きくなっておくれ。」

いつの間にか眠ってしまった赤子を抱いたままゆっくり揺らし、宗近はまた小さく歌いだす。
緩やかな風に吹かれ、かざぐるまが回り始める。宗近と赤子の関係も、ゆっくりと回り始めていた。


カテゴリー:  三日月宗近

IC#67







式典を終えたルルーシュは焦っていた。皇帝が戻ってきたということは、人質に取られているナナリーが危ないということ。ナナリーを助けるため、ルルーシュは頭の中で様々な策を練っていた。
コーネリアを交渉の道具に使うか。もしくはロロとジェレミアを使うか・・・。どちらにせよ、皇帝には効かない。いっそのこと、ゼロがルルーシュだと明かしてしまうか?と考えたが、そうすれば黒の騎士団が先に崩壊するであろう。
様々な策を考えるが、どれもこれも使い物にはならなかった。

(くそっ。万が一ナナリーを助け出したとしても、ブリタニアにはリリィもいる!皇帝はリリィを溺愛していた。手を出すはずがない・・・とまでは言い切れない・・・っ!)

ルルーシュの思考は堂々巡りだった。だから後ろから聞こえてくるC.C.の声に無性に腹が立ち、つい大声を上げて、彼女の持っていた皿をはじき飛ばしてしまった。
皿は粉々に割れ、C.C.の指を切った。流れ出る血を見て我に返ったルルーシュは、慌てて彼女の手を掴んだ。
C.C.は少し微笑んでから言う。「中から痛いときよりも、全然平気」だと。むしろ寒い時は痛いほうが助かると言う。彼女の過去を思い出したルルーシュは体を震わせた。
C.C.はいつも一人で、いつも傷だらけであった。愛されたいと願ったC.C.。願いが叶い、そしてやがて騙されていたことに気づく。彼女はまた傷ついた・・・。

「お前は中から痛い時、どうしていたんだ?」
「友達・・・がいればよかったんですけど・・・。親とか兄弟とかと違って、友達ならあとからでも作れるし・・・。でも私にはそんな味方もいなくって・・・」
「味方・・・・?」
「あの、そう聞いたんですけど、違うんですか?」
「・・・いや、違わない。それが友達だ・・・。」

ルルーシュの中で一人の人物の顔が浮かび上がる。昔からの友達、枢木スザク・・・。
C.C.の怪我の処置をしたあと、彼はスザクへ電話をかける。相手はすぐに出た。懐かしい声は、少し厳しさを帯びていた。

「ニュース、知ってるだろ?トウキョウ疎開も危ないかな?」

不意に投げかけた質問に、スザクが冷たい声で返してくる。

「それは君が決めることだろう?ルルーシュ。君は・・・ゼロか?」

逆にスザクの質問に、ルルーシュの時間が一瞬止まる。ここで嘘をついても仕方なかった。ナナリーのため、ルルーシュは正直に答えた。

「そうだ。俺がゼロだっ!」
「・・・・・っ!ブリタニアの敵が、僕に何の用だ?」

一気にスザクの態度が激変する。それは仕方ない。ゼロはユーフェミアを殺した。たくさんの人間も殺した。でも、そうしてでも守りたいものがあったのだ。

「頼む。ナナリーを助けてくれ。皇帝は俺を押さえるために、ナナリーを人質にしている。だから俺は、隠れて動くしかなかった。それに万が一ナナリーを助けたとしても、今度はリリィが人質になるかもしれないんだ。頼むスザク。お前以外に頼める人間がいないんだ・・・」
「僕が君の頼みを引き受けると思うのか!?ルルーシュ、お前は身勝手だな・・・」
「分かっている!でももう頼めるのがお前しかいないんだっ・・・!頼むっ!ナナリーを・・・守ってください。」

ルルーシュの消えてしまいそうな声に、スザクは小さくため息をつく。電話口から「分かった」と聞こえてきた瞬間、ルルーシュは崩れ落ちてしまいそうになった。「ただし、条件がある」とスザクは言葉を続ける。

「ナナリーを守るというのなら、ナナリーがいるこのエリア11に君が一人で来るべきだ。場所は枢木神社。二人っきりで話をしよう。そして・・・リリィのことだが、やはり君はリリィを思い出したんだな。リリィのことは君が心配しなくても、僕自身の意思で彼女を守る。この身をかけて、一生!僕はリリィにそう誓ったんだ。もうリリィの隣に、君の居場所なんてない。だからエリア11に来て、リリィには会おうなんて思わないでくれ。」

きっぱりとそう告げるスザクの声を聞きながら、ルルーシュは動揺した。

(スザクの言っている意味は、どういう意味だ?全ては枢木神社で分かることなのか?)

二人の運命が再び絡み合おうとしていた。




ぼくは自分がだれかを憎んでいることを知っている。
(ローベルト・ヴァルザー)



カテゴリー:  IC

★更新履歴★

18.11.29
刀剣乱舞 短編1つUP!(三日月宗近)
 




お気に召した方はどうぞ


お礼→とうらぶ@三日月宗近

お名前変換

カテゴリ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。